ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

固定価格買取制度(FIT)の調整により九州電力のCO2排出量が増加する理由

 固定価格買取制度(FIT)では、設備価格が高い再エネの導入促進を目的として、国が全国のお客さまから電気使用量に応じた賦課金を電気料金と併せて徴収しています。当社のお客さまにご負担いただいている賦課金は、当社の販売電力量見合いの10%程度に相当します。

 再エネによる発電ではCO2が発生しないことから、同じ電力量を火力発電等で発電した場合に発生するCO2を削減したと考えることができます。このCO2削減量が「環境価値」であり、FITによる環境価値については、公平性の観点から、お客さまにお支払いいただいている賦課金の負担割合に応じて各電力会社に配分されるため、当社には全国の10%程度が割り当てられることとなります(下図1)。

 これに対し、九州地域は再エネ導入が進んでいる都合上、当社の実際のCO2排出量は配分される環境価値を超えて削減されているため(下図2)、超過分については、他地域の電力会社へ還元されるとともに、当社のCO2排出量も加算されるよう調整されています。


固定価格買取制度(FIT)の調整により九州電力のCO2排出量が増加する理由の図