ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

グループ会社環境会計

九電グループ環境会計の実績(2016年度)

単位:百万円

環境活動の分類 主な活動 2015年度 2016年度 2016年度 環境活動
投資 費用 投資 費用 項目 効果
地球環境保全 地球温暖化防止及び
オゾン層保護対策等
164.3
2,146.6
24.5
576.8
温室効果ガス排出制御量(注1)
30.6千トン-CO2
地域環境保全 大気汚染・水質汚濁・
騒音・振動防止対策等
36.7
1,184.5
370.4
1,483.7
SOx排出低減量(注2)
12.5千トン
NOx排出低減量(注3)
3.2千トン
法令、条例に基づき適正に管理
資源循環 産業廃棄物・
一般廃棄物の適正処理等
9.2
1,785.7
7.0
1,459.8
産業廃棄物リサイクル量
144.8千トン
産業廃棄物処分量
9.1千トン
古紙リサイクル量
1.0千トン
一般廃棄物の適正処理
グリーン調達 グリーン調達で発生した
差額コスト
26.8
31.8
環境活動の管理 環境教育
EMS運用管理
環境負荷監視・測定
構内緑化等
195.7
146.1
出前講演会
1社67人
取組事例・事業内容紹介
47社51人
外部認証取得会社
14社
EMS第2~第4段階への取組会社(注4)
31社
環境関連データベース項目数
857項目
環境関連研究 廃棄物有効利用率
0.2
4.6
社会活動 地域の環境活動支援等
63.0
94.8
植樹・育林活動(注5)
81人参加
地域清掃活動
33社実施
環境損傷対応 公害健康被害補償制度に
よる汚染負荷量賦課金
152.0
235.4
合計
210.2
5,554.5
415.9
4,033.0
 

注1:グループ会社が事業所に設置した太陽光発電設備等の導入において、導入しなかった場合をベースラインとして算出。
注2:ばい煙発生施設(ボイラー等)において、脱硫処理や低硫黄燃料の使用を行わなかった場合をベースラインとして算出。
注3:ばい煙発生施設(ボイラー等)において、脱硝処理を行わなかった場合をベースラインとして算出。
注4:エコアクション21認証取得会社を除く。
注5:グループ会社社員及びその家族の参加者数。