ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

2018年度のCO2排出係数について

温対法に基づく当社のCO2排出係数(2018年度)について

 当社の2018年度の小売電気事業者の供給に係る電気のCO2排出係数(メニュー別・販売電力量あたりのCO2排出量)が、国により公表されました。(2020年1月7日)
 これは、「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」に基づき、当社を含む電気事業者が国へ報告していたものを、国が確認を行い正式に公表したものです。

小売電気事業者のCO2排出係数(2018年度実績)

  • 基礎排出量及び排出係数
    • CO2排出量 2,280万t
    • CO2排出係数 0.319kg-CO2/kWh
  • 調整後排出量及び排出係数
    • CO2排出量 2,480万t
    • CO2排出係数
       0.000kg-CO2/kWh〔再エネECOプランのお客さま(メニューA)〕
       0.347kg-CO2/kWh〔その他のお客さま(メニューB)〕

一般送配電事業者のCO2排出係数(2018年度実績)

  • 基礎及び調整後排出係数
    • 全国平均係数を適用:CO2排出係数 0.462kg-CO2/kWh〔離島供給を受けている場合に使用〕

販売電力量、CO2排出量、CO2排出係数の推移

販売電力量、CO2排出量、CO2排出係数の推移のグラフ

(注)

  • 調整後の値は、排出クレジット、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)に伴う調整等を反映
  • 販売電力量、排出量については、2016年度以降、国のCO2排出量算定要領の見直しにより離島供給分(本土連系の長崎県五島を除く)は含まない

補足

  • 2018年度は、川内原子力発電所1、2号機が年間を通して安定運転(定期検査を除く)したことに加え、玄海原子力発電所3、4号機が発電を再開したことや再生可能エネルギーで発電された電力の購入量が増加したことなどにより、販売電力量全体に占める火力発電の電力量割合が減少し、前年度に比べCO2排出係数が大きく低下しました。
    また、2018年度は固定価格買取制度(FIT)の調整によりCO2排出量が増調整されたため、前年度と同様に、調整後排出係数が基礎排出係数を上回りました。
  • 排出係数に関しては、国より公表されている「電気事業者ごとの基礎排出係数及び調整後排出係数の算出及び公表について(令和元年6月3日)」に基づき算出しています。