ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

IRニュース

RSS
3月 | 2月 | 1月 | 12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 |

2019年12月
16日 「託送供給等約款」の認可を受けました -送電ロス率やFIT電源の発電計画等に係る供給条件を見直し-
13日 玄海原子力発電所3、4号機運転差止訴訟第32回口頭弁論及び同3、4号機原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第24回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
長崎県 東彼杵町で「Qでん にぎわい創業プロジェクト」を開始します -地場産業の活性化と交流人口拡大・関係人口創出に向けて協業先の団体と共同検討をスタート-
11日 外国人観光客をターゲットに熊本県北エリアで「九州観光促進プラットフォーム」の実証を行います -九州の企業や自治体とともに九州本来の魅力を紹介、地域活性化を目指します-
川内原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)控訴審第1回口頭弁論が行われました -原判決が妥当である旨主張-
九州電力株式会社第487回社債の発行についてお知らせします
10日 (お知らせ)玄海原子力発電所内の玄海変電所における火災の発生について(続報)
玄海原子力発電所内の玄海変電所における火災の発生について
6日 九州電力株式会社第486回社債(個人投資家向け社債)の発行についてお知らせします
4日 「令和元年台風19号」被害に対する従業員募金を贈呈しました -被災地の一日も早い復興を祈念し、日本赤十字社と電力総連に約1,200万円を贈呈-
3日 九州・関東・関西におけるホテル事業への進出を決定しました -当社初となる都市圏でのホテルを投資対象とする私募ファンドへの出資-
米国アトランタにおける複合開発プロジェクトへの参画を決定しました -当社初となる海外不動産開発-
このページの先頭へ
2019年11月
29日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の常設直流電源設備(3系統目)設置に係る原子炉設置変更許可申請書の補正書を提出しました -申請書について記載の適正化を実施-
玄海原子力発電所操業差止訴訟の第31回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
米国ウエストモアランドガス火力発電事業に参画します -当社持分出力11.8万kW、米国における4件目の発電事業-
九州電力福岡支社に電気自動車のシェアリングサービスステーションを設置します -大分支社に続く2地点目のサービス開始でEV普及に貢献-
28日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可をいただきました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る認可-
2020年1月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値下がり-
第96期中間報告書を掲載しました。
22日 (お知らせ)川内原子力発電所の原子炉施設保安規定変更認可申請を行いました -常設直流電源設備(3系統目)等の運用に係る手順等を新たに規定-
「託送供給等約款」の認可申請を行いました -送電ロス率やFIT電源の発電計画等に係る供給条件を見直し-
九州電力株式会社第484回及び第485回社債の発行についてお知らせします
20日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機の使用済燃料プールの貯蔵能力変更等に係る原子炉設置変更許可をいただきました
(お知らせ)玄海原子力発電所4号機は通常運転に復帰しました
18日 玄海原子力発電所緊急時対策棟の設置に向けた取組み状況についてお知らせします
15日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の特定重大事故等対処施設に係る工事計画認可申請書の補正書を提出しました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る申請について記載の適正化を実施-
13日 IR説明会資料を更新しました。
IR説明会資料を更新しました。
新規受付を終了している「季時別電灯」などの一部自由料金メニューの単価を見直します -2020年4月1日から昼間料金を引下げ・夜間料金を引上げ・深夜運転機器の割引を廃止-
四半期報告書(2019年度第2四半期)を掲載しました。
12日 スマートメーターの焼損事象について
1日 (お知らせ)川内原子力発電所1号機は通常運転に復帰しました
このページの先頭へ
2019年10月
31日 2019年度(2020年3月期) 第2四半期決算についてお知らせします
適時開示資料を更新しました。
IR説明会資料を更新しました。
「2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
決算短信を更新しました。
30日 2019年12月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値下がり-
29日 新竹田発電所の新設工事を開始します -既設竹田発電所の再開発により、最大出力が7,000kWから8,300kWへ増加-
25日 (お知らせ)川内原子力発電所に関する安全協定の運用に関する覚書の一部を改定しました
(お知らせ)玄海原子力発電所の安全確保に関する協定書に基づく覚書の一部を改定しました
23日 九電みらい財団が2020年度 次世代育成支援活動への助成対象団体の募集を開始します -20件程度の活動に対し、1件あたり100万円を上限に総額1,500万円程度助成-
21日 玄海原子力発電所4号機の発電再開予定をお知らせします -10月24日に発電再開予定-
17日 女性消防設備士による消防設備点検サービス「TEQNICO」を開始します -10月25日から福岡市内の約100棟のアパートで提供開始-
16日 川内原子力発電所2号機の第23回定期検査を開始します -安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
台風19号による停電復旧に向けた東京電力パワーグリッドへの応援派遣について(続報)
13日 台風19号による関東地方の停電復旧に向けて東京電力パワーグリッドへ応援派遣を行います -高圧発電機車等164台、社員等324名を応援派遣-
9日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の特定重大事故等対処施設に係る工事計画認可申請書の補正書を提出しました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る申請について記載の適正化を実施-
(お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の常設直流電源設備(3系統目)設置に係る原子炉設置変更許可申請書の補正書を提出しました -申請書について記載の適正化を実施-
8日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機の使用済燃料プールの貯蔵能力変更等に係る原子炉設置変更許可申請書の補正書を提出しました -使用済燃料プールのリラッキングに係る申請について記載の明確化を実施-
3日 川内原子力発電所1、2号機の運転計画を変更しました
川内原子力発電所1号機の発電再開予定をお知らせします -10月5日に発電再開予定-
適時開示資料を更新しました。
1日 「キューデン・インターナショナル タイ駐在員事務所」を開設しました -アジア地域における拠点設置-
このページの先頭へ
2019年9月
27日 2019年11月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値上がり-
玄海原子力発電所2~4号機運転差止訴訟第31回口頭弁論及び同3、4号機原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第23回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
26日 社有林育成100年を記念し、記念事業を行います -森を育て守り続けて100周年-
25日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の原子炉設置変更許可をいただきました -原子炉安全保護計装盤等の更新に係る許可-
玄海原子力発電所3、4号機運転差止仮処分(平成29年申立)抗告審について申立てを棄却する決定が出されました -当社勝訴-
世界最大級の植物工場の事業化検討を開始します -関係各社と植物工場事業の検討開始について合意しました-
20日 NExT-e Solutions株式会社への出資と業務提携を行います -リユース蓄電池を活用した定置用蓄電システムの事業化に向けて協業-
19日 九州全域で「九電ドローンサービス」を展開します -10月1日から測量メニューを追加のうえ、サービス提供エリアを拡大-
(お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書を提出しました -「新たに設置する建屋等」に係る申請-
18日 川内原子力発電所操業差止訴訟の第27回口頭弁論が行われました -次回期日は2019年12月17日-
新しいテレビCM「人と自然と、つくるみらい」篇を放映します -環境活動をテーマに9月19日(木曜日)から九州全域で放映-
17日 台風15号による関東地方の停電復旧に向けて東京電力パワーグリッドへ追加の応援派遣をおこなっています
12日 熊本県・菊池川水系のダム・発電所と紅葉の菊池渓谷を巡るツアーの参加者を募集します -菊池渓谷内にある発電所や、ダム堤体内にある点検用通路を特別にご案内-
11日 台風15号による関東地方の停電復旧に向けて東京電力パワーグリッドへ追加の応援派遣を行います -高圧発電機車等45台、社員等87名を追加派遣-
台風15号による関東地方の停電復旧に向けて東京電力パワーグリッドへ追加の応援派遣を行います -高圧発電機車等45台、社員等87名を追加派遣-
川内原子力発電所周辺の地震観測結果(2018年度)をお知らせします -大きな地震は発生しておらず、過去約20年と比べても大きな変化はありません-
10日 電力需給状況改善のための融通電力の受電および電力需給見通しについて
高齢者の健康維持支援サービス「こねQと」を開始します -宅内センサーとスマホをつなぎ、離れて暮らす親御様を見守り-
台風15号による関東地方の停電復旧に向けて東京電力パワーグリッドへ追加の応援派遣を行います -高圧発電機車等20台、社員40名を追加派遣-
9日 台風15号による関東地方の停電復旧に向けて東京電力パワーグリッドへ応援派遣を行います -高圧発電機車等12台、社員29名を応援派遣-
6日 「オール電化で にゃっトク!おトク!キャンペーン」を実施します!
「オール電化で にゃっトク!おトク!キャンペーン」を実施します!
3日 玄海原子力発電所2号機の廃止措置計画認可申請書及び1号機の廃止措置計画変更認可申請書を提出しました -廃止措置を安全に行うための計画を取りまとめました-
2日 新会社「株式会社千葉袖ケ浦パワー」の設立について
このページの先頭へ
2019年8月
30日 大雨により被災されたお客さまに対する電気料金等の特別措置を実施します -電気料金の支払期日の延長、不使用月の電気料金の免除、工事費の免除などを実施-
29日 2019年10月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値下がり-
執行役員及び本店部長の人事を決定しました
28日 消費税法改正に伴う料金単価の見直しを行います -新税率10%を反映-
九州電力株式会社第482回及び第483回社債の発行についてお知らせします
21日 消費税法改正等に伴う託送供給等約款の変更届出を行いました -新税率10%の反映およびFIT買取期間終了への対応-
20日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機は通常運転に復帰しました
「常若(とこわか)通貨」向けに地域通貨の情報プラットフォームを提供します -当社が提供する情報プラットフォームを活用し、筑邦銀行が地域通貨を展開-
16日 福岡市と「IoTによる子ども見守り事業に関する連携協定」を締結しました -福岡市内全域で小学生を見守り-
14日 玄海原子力発電所4号機の第12回定期検査を開始します -安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
9日 玄海原子力発電所操業差止訴訟の第30回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
(お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機特定重大事故等対処施設の設置について佐賀県より安全協定に基づく事前了解を受領しました
四半期報告書(2019年度第1四半期)を掲載しました。
8日 全国の「電柱位置を対象とした電力設備位置情報データ」の代理店販売の開始について
2日 新甲佐発電所の営業運転を開始しました -最大出力を3,900kWから7,200kWへ増加-
(お知らせ)川内原子力発電所の原子炉施設保安規定変更認可申請を行いました -特定重大事故等対処施設の運用に係る体制や手順等を新たに規定-
このページの先頭へ
2019年7月
31日 「アニュアルレポート2019」を掲載しました。
2019年度(2020年3月期) 第1四半期決算についてお知らせします
決算短信を更新しました。
IR説明会資料を更新しました。
適時開示資料を更新しました。
30日 2019年9月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値下がり-
26日 QuUnの「3カ月無料お試しキャンペーン」を実施します -先着500名様限定で選べる4つのコースから無料でお試し- -お試し期間中はいつでも解約可能-
25日 川内原子力発電所1号機の第24回定期検査を開始します -安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
24日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機特定重大事故等対処施設の設置について玄海町より安全協定に基づく事前了解を受領しました
「Qでん にぎわい創業プロジェクト」を開始します -地域課題解決ビジネスに共同で取り組んでいただける地域の団体を募集-
23日 令和元年の夏も「熱中症予防プラン」を実施します! -75歳以上のお年寄りがお住まいのご家庭を対象に、令和元年9月分の電気料金から1,500円割引-
19日 玄海原子力発電所3号機の原子炉起動、発電再開予定をお知らせします -7月20日に原子炉起動、7月22日に発電再開予定-
九州電力株式会社第480回及び第481回社債の発行についてお知らせします
18日 誤った住所に「春の電気ご契約キャンペーン2019」の賞品を郵送しました
12日 玄海原子力発電所2~4号機運転差止訴訟第30回口頭弁論及び同3、4号機原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)第22回口頭弁論が行われました -次回期日は2019年9月27日-
11日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の原子炉安全保護計装盤等の更新に伴う原子炉設置変更許可申請書に係る補正書を提出しました -申請書について記載の適正化を実施-
10日 玄海原子力発電所3、4号機運転差止仮処分(平成23年申立)抗告審について申立てを棄却する決定が出されました -当社勝訴-
9日 他電力からの融通の受電について
3日 「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言に賛同しました -気候変動に関する情報開示を通じて持続可能な社会の発展に貢献-
1日 QuUnのAIスピーカーで毎日新聞ニュースの配信を開始します -日本経済新聞、スポーツニッポンに続いて3紙目-
九州電力大分支社に電気自動車のシェアリングサービスステーションを設置します -7月1日からシェア開始でEV普及に貢献-
このページの先頭へ
2019年6月
28日 ファクトブックを更新しました。
ファクトブックを更新しました。
適時開示資料を更新しました。
適時開示資料を更新しました。
27日 有価証券報告書(2018年度)を掲載しました。
有価証券報告書(2018年度)を掲載しました。
2019年8月分電気料金の燃料費等調整単価をお知らせします -前月分から電気料金が値下がり-
26日 適時開示資料を更新しました。
役員人事を決定しました
第95回定時株主総会及び普通株主さまによる種類株主総会開催概要を掲載しました。
18日 株式会社QTnetと株式会社キューデンインフォコムは7月1日に合併します -リソース集中による、九電グループ情報通信事業の競争力・収益基盤強化- -9月1日、福岡市博多区にデータセンターをオープン-
(お知らせ)玄海原子力発電所4号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書を提出しました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る申請-
17日 川内原子炉設置変更許可取消訴訟(行政訴訟)について原告の請求を棄却する判決が出されました -設置変更許可処分の適法性を認容-
ドローンを活用したサービス事業「九電ドローンサービス」を開始します -7月1日から福岡県の一部、大分県、熊本県でサービス開始-
14日 環境保全及び環境・エネルギー教育に関する取組みを強化します -九州の豊かな自然環境を子どもたちの未来に- -「こらぼらQでんeco」「Qでん★みらいスクール」を新設-
環境保全及び環境・エネルギー教育に関する取組みを強化します -九州の豊かな自然環境を子どもたちの未来に- -「こらぼらQでんeco」「Qでん★みらいスクール」を新設-
11日 「九電グループ サステナビリティ報告書2019」を発行します -ステークホルダーの皆さまの期待が高い課題の解決に向けて取り組んでいきます-
7日 「九電グループ経営ビジョン2030」を策定しました -九州の持続的発展に貢献し、地域・社会とともに成長していくために-
「九電グループ経営ビジョン2030」を策定しました -九州の持続的発展に貢献し、地域・社会とともに成長していくために-
九州電力株式会社第479回社債(個人投資家向け社債)の発行についてお知らせします
九州電力株式会社第478回社債(機関投資家向け社債)の発行についてお知らせします
米国バーズボローガス火力発電プロジェクトが営業運転を開始しました -当社初となる米国発電プロジェクトが本格始動-
6日 FIT制度の買取期間が満了する太陽光発電の買取プランを決定しました -2019年11月以降の買取期間満了後も引き続き購入します-
5日 川内原子力発電所操業差止訴訟の第26回口頭弁論が行われました -川内原子力発電所の安全性を主張-
「2019年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
「2019年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」の一部訂正について
第95回定時株主総会インターネット開示事項の一部修正について掲載しました。
3日 (お知らせ)川内原子力発電所1、2号機の緊急時対策棟の工事計画認可をいただきました -「緊急時対策棟(指揮所)の設置」に係る認可-
このページの先頭へ
2019年5月
31日 熊本県・球磨川水系のダムと発電所ツアーの参加者を募集します -地下300メートルにある発電所や、ダム巡視点検通路を特別にご案内-
【夏休み企画】令和元年お客さま感謝キャンペーン を実施します! -抽選で7、8月開催のホークス戦ペア観戦チケットを555組1,110名さまにプレゼント-
熊本空港特定運営事業等 実施契約締結について
松浦発電所2号機の発電を開始します -2019年6月1日から試運転による発電を開始-
30日 (お知らせ)玄海原子力発電所1号機 第2回施設定期検査(廃止措置段階)が終了しました -機能を維持すべき施設の性能が確保されていることについて確認を受けました-
2019年7月分電気料金の燃料費調整単価等をお知らせします -前月分から電気料金が値下がり-
27日 リユース蓄電池を活用した蓄電システムの実証事業を行います -電動フォークリフトで使用したリチウムイオン電池を太陽光発電所で有効活用-
22日 第95回定時株主総会及び普通株主さまによる種類株主総会の招集通知等を掲載しました。
第95期報告書を掲載しました。
第95回定時株主総会及び普通株主さまによる種類株主総会の招集通知等を掲載しました。
17日 九州電力株式会社第476回及び第477回社債の発行についてお知らせします
16日 (お知らせ)玄海原子力発電所3号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可申請書を提出しました -「原子炉補助建屋等に設置する設備」に係る申請-
九州電力とドコモが「災害発生時のサービス提供に関する協定」を締結
九電みらい財団が「第3回Instagramフォトコンテスト」を行います -「くじゅうの四季(春夏)」をテーマにした写真を募集-
15日 第95回定時株主総会及び普通株主さまによる種類株主総会の目的事項についてお知らせします
瀬戸内・九州地区で初のLNGバンカリングを実施 -LNGバンカリング事業化に向けて検討を加速-
執行役員及び本店部長等の人事を内定しました
2019年7月に当社組織を一部改正します -都市開発室、水力開発総合事務所を設置-
14日 タイ大手発電事業者「EGCO社」に経営参画します -アジア有数の成長企業とともに、アジアの電気事業に貢献-
9日 玄海原子力発電所3号機の第14回定期検査を開始します -安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進めます-
IR説明会資料を更新しました。
IR説明会資料を更新しました。
QuUnの新料金プランと新サービスの提供を開始します -選べる2つの料金プラン- -無料BGMサービス・Amazon Alexaとの連携-
このページの先頭へ
2019年4月
26日 臨時報告書(吸収分割契約の締結)を掲載しました。
送配電会社のロゴマークを決定しました -分社後の九州電力送配電株式会社のロゴマークを決定-
一般送配電事業の分社化に向けて吸収分割契約を締結しました -会社分割により一般送配電事業等を九州電力送配電株式会社へ承継-
2018年度(2019年3月期)決算についてお知らせします
役員人事等を内定しました
適時開示資料を更新しました。
IR説明会資料を更新しました。
決算短信を更新しました。
適時開示資料を更新しました。
2019年6月分電気料金の燃料費調整単価等をお知らせします -前月分から電気料金が値下がり-
大分県平治岳北部地点における地熱調査を終了します
25日 2018年度 販売電力量 -販売電力量は722億kWhとなりました-
24日 「スマートフォン制御型宅配ボックス」の無料モニターを福岡市内で募集します -「再配達問題」を解決する実証実験を本格的に検証開始-
22日 臨時報告書(新A種優先株式の割当等)を掲載しました。
適時開示資料を更新しました。
第95回定時株主総会及び普通株主さまによる種類株主総会の日時及び場所についてお知らせします
A種優先株式の内容見直しを実施します -割当先の変更と配当率の低減等-
熊本空港特定運営事業等 基本協定書締結について
19日 玄海原子力発電所操業差止訴訟の第29回口頭弁論が行われました -玄海原子力発電所の安全性を主張-
18日 QTnetとキューデンインフォコムの合併に向けた検討を開始します -リソース集中による、九電グループ情報通信事業の競争力・収益基盤強化-
豪州ビクトリア州政府と木質バイオマス資源活用研究に関する覚書を締結しました -CO2排出量削減に向けたバイオマス混合新燃料の開発を推進-
16日 業績予想の修正についてお知らせします
適時開示資料を更新しました。
決算短信を更新しました。
12日 (お知らせ)川内原子力発電所2号機の特定重大事故等対処施設の工事計画認可をいただきました -「新たに設置する設備等」に係る認可-
11日 「再生可能エネルギーの出力制御指示メールの配信未達」についての原因と再発防止策をお知らせします(最終報)
9日 (お知らせ)玄海原子力発電所2号機の廃止に係る発電事業変更届出書を提出しました -4月9日を廃止日として届出-
8日 松浦発電所1号機の運転を復帰しました -点検・修理が完了し、通常運転復帰-
3日 (お知らせ)玄海原子力発電所3、4号機の原子炉設置変更許可をいただきました -特定重大事故等対処施設の設置に係る許可-
1日 松浦発電所1号機の運転を停止しました -電力の需給に問題はありません-
(お知らせ)玄海原子力発電所周辺における地震観測体制を強化しました -新たな地震観測点の設置が完了し、4月1日から観測開始-
再生可能エネルギー出力制御量低減のための技術開発事業を完了しました -「転送遮断システム」により関門連系線の再エネ送電可能量を最大で30万kW程度拡大-