ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

省エネレシピ(12)

手作りブラウンソースの煮込みハンバーグ

手作りブラウンソースの煮込みハンバーグの写真

材料(4人分)

ハンバーグ

合挽肉 400g
玉ねぎ 1と2分の1個
1個
パン粉 大さじ5
塩コショウ 少々
ナツメグ 少々

ブラウンソース

小麦粉 大さじ2
バター 10g
玉ねぎ 4分の1個
マッシュルーム 4個
A  
200cc
コンソメ 2分の1個
ウスターソース 大さじ3
トマトケチャップ 大さじ3
赤ワイン 大さじ1

作り方

ハンバーグ用玉ねぎはみじん切りにする。
耐熱皿に広げラップをしてレンジ600Wで3~4分加熱する。
ソース用玉ねぎとマッシュルームは薄くスライスする。(水煮のスライスマッシュルームでもOK)
ボウルに挽肉、塩コショウ、ナツメグを入れよく混ぜる。粘りが出てきたら、卵、パン粉、冷ました玉ねぎを入れ捏ねる。これを4等分にして形を整え、真ん中をへこませる。
フライパンに小麦粉を入れ、きつね色になるまでから炒りして、一旦お皿に入れる。
のフライパンにサラダ油を熱し、ハンバーグを中火で4分、裏返して3分焼く。焼き色が付いたらお皿にあげておく。
Aをボウルに入れ、合わせ調味料を作っておく。
のフライパンの余分な油を拭き、バターを入れてスライスした玉ねぎ・マッシュルームを入れ炒め、しんなりしたらの小麦粉を加えさらに炒める。
の合わせ調味料を入れてソースを作る。
ハンバーグを戻して蓋をして、弱火~中火で10分位煮込む。
10お皿にハンバーグを乗せ、上からソースをたっぷりかける。

ワンポイントレッスン

玉ねぎの辛味成分(硫化アリル)は、レンジで加熱することで蒸発します。
小麦粉をから炒りしたフライパンを洗わず使う事で、フライパンを温める手間が省け、直ぐにハンバーグを焼く事ができます。

省エネポイント

玉ねぎのみじん切りは、レンジで加熱するとフライパンで炒める場合と比べて時間を短縮できます。
まとめて沢山作っておいてハンバーグとソースを1人前ずつ保存袋に入れて冷凍しておくと便利ですよ。

オーブンを使わないXmasモンブラン

オーブンを使わないXmasモンブランの写真

材料(8個分)

さつま芋のクリーム

さつま芋 300g
砂糖 45g
バター 30g
生クリーム 大さじ2~3
ラムエッセンス 3~4滴
食用色素(緑) 適宜

クリのクリーム

甘栗 10個
生クリーム(さつま芋クリーム作りで残ったもの) 170cc
砂糖 大さじ2と2分の1
ラムエッセンス 2~3滴

スポンジケーキ

市販のスポンジケーキ
又はカステラ
8個分

作り方

さつま芋の皮を剥き、2センチメートル位の厚さに切る。
耐熱皿に平らにのせてラップをして、レンジ600Wで6~7分加熱する。さつま芋に竹串がスッと通ったらOK。
をボウルに入れて熱いうちに潰す。
にバター・砂糖を加え混ぜ合わせながらよく潰す。
ボウルに生クリーム・食用色素を入れ混ぜる。
を入れまんべんなく色を付け、ラムエッセンスを入れる。絞り袋で絞り出せるくらいの固さになるよう生クリームを足して調整する。
さつま芋のクリーム作りで残った生クリームをツノが立つまで泡立て、砂糖・ラムエッセンスを加える。
甘栗を細かく刻みの生クリームに入れる。(絞り袋の口から出る大きさに切る)
市販のスポンジケーキ又はカステラをセルクル(型)等を使って、直径6センチメートル位の円型にする。
スポンジケーキの上にの生クリームをのせる。
10のさつま芋クリームを絞り袋に入れて、の生クリームの上に、下から上に登るように絞り出していく。

ワンポイントレッスン

さつま芋は、潰したあと裏ごし器でこすとさらに良いですよ。
スポンジケーキの型をとるセルクル(型)がない場合は、コップや空き缶を使いましょう。

省エネポイント

市販のスポンジケーキを使うので、オーブン要らずで手軽に作れます。
Xmasパーティにぴったりの、見た目も可愛いモンブランです。