ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

企業・IR情報

  • このリンクをシェア
  • ツイート

水餃子

中国のことわざに、「好吃不如餃子、舒服不如倒子」という言葉があるそうです。
餃子よりおいしいものはなかりけり、寝るより楽はなかりけり。
その中で一番ポピュラーな餃子の食べ方が、この水餃子です。

レシピ画像

材料

黄色カボチャ 60g
強力粉 30g
薄力粉 15g
赤色トマトピューレ 大さじ2
強力粉 30g
薄力粉 20g
ラード 小さじ1/2
少々
緑色ホウレン草(葉のみ) 60g
強力粉 30g
薄力粉 30g
ラード 少々
少々
あん  
豚肉モモ・バラ合わせて 150g
大さじ1
小さじ1
ごま油 大さじ1/2
こしょう 少々
少々

作り方

水餃子の皮は、焼き餃子の場合とほぼ同じ。強力粉だけで作る場合もあるが、ここでは扱いやすいように薄力粉を混ぜる。
きれいな色を出すため、お湯の代わりにカボチャ、トマトピューレ、ホウレン草を入れる。カボチャはゆがいて裏ごし。ホウレン草は葉だけをゆがいてみじん切りにし、すり鉢でよくする。トマトピューレとホウレン草を使うときにはラードや塩などの調味料を加え、テリや味をつける。
小麦粉の量は野菜の水分により加減し、耳たぶの柔らかさの生地を作る。
皮にあんをのせたら半分に折り、口をしっかりくっつけてから、箸で押して飾りをつける。
鍋にお湯を沸騰させ、くっつかないよう餃子を一個ずつ入れ、泳がすようにゆでる。餃子が浮いてきたら2~3分でできあがり。
タレは、酢じょう油に、好みでおろしニンニク、ネギ、ショウガ、ラー油、トウバンジャンなどを添える。
水餃子はゆで汁ごと器に盛り、れんげですくってゆで汁と一緒に食べる。タレが欲しいときは別皿に入れて添える。