ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

みらいと

  • このリンクをシェア
  • ツイート

九州手しごとの旅:福岡県広川町の久留米絣

九州手しごとの旅 Vol3 福岡県広川町の久留米絣 人々を魅了する藍色と木綿独自の風合い伝統工芸に新たな息吹を

私が体験してきました! 松崎さんの写真

松崎さん

地元に根差し、育まれ、継承されてきた“手しごと”。
九州にあるさまざまな宝物を未来へつなぐために、体験する旅に出かけましょう。

括る、染める、織る。受け継がれる伝統と魂

藍瓶に浸した糸を絞っている写真

藍瓶に浸した糸を絞る柿原さん。

凛と澄んだ空気と木々の香りに包まれた「久留米絣 山藍(やまあい)」。工房を訪ねると、四代目・山村省二さんのもとで学ぶ柿原真木子さんが優しい笑顔で迎えてくれました。

1800年代に創始された久留米絣は古くから伝わる藍染と手織りが特徴で、その技法は重要無形文化財に指定されています。今では機械織りに頼る工房も少なくないなか、山藍では「手括り」「正藍(しょうあい)染」「手織り」の工程を全て手作業で続けています。山村さんは藍染に草木染を融合させ、斬新なデザインと多彩な色使いを実現しました。「織物を通して地域に携われる素晴らしい仕事です」と柿原さん。師の技と心は、未来の担い手に受け継がれています。

はた織り体験をしている写真

両手両足を使うはた織り体験。

藍染体験で染めたハンカチの写真

藍染体験で染めたハンカチ。
絞った部分が白い模様に。

久留米絣 山藍(やまあい)

久留米絣 山藍の写真

住所/福岡県八女郡広川町長延250番地1
電話番号/0943-32-0150
営業/10時~17時
休み/不定休
体験料金
藍染体験:2000円(ハンカチ代を含む)
はた織り体験:無料
(注)3日前までに要予約

豊穣な大地と水が育んだ旬の恵みと文化に触れる

広川町の桜の写真

春には約500本の桜が花開く「広川ダム」。近くには芝生広場や展望台がある。

筑後地方の内陸部に位置する広川町は、八女郡に属する唯一の町です。耳納山などの青々とした山景は、春には見事な桜で彩られ、昔ながらの町並みに風情と情緒を加えます。
生産に適した自然環境と高い技術が必要な久留米絣。全国でも希少な伝統文化が今でも存続しているのは、豊かな自然と清らかな水の賜物だと実感しました。そして、この自然の中でのびのびと育つ野菜や果物、新鮮な卵。大地の恵みに充たされた一日でした。

Vege Res ―ベジレス―

ピザもパスタも両方楽しめる「ご褒美ランチ」

地元の生産者から仕入れる朝採れの野菜を使用。15種類の自家製ピザを提供する。
ピザはテイクアウトや全国発送も可能。

ベジレスのランチの写真

Vege Res ―ベジレス―

住所/福岡県八女郡広川町新代999番地16
電話番号/0943-32-8026
休み/第3日曜日
営業/11時30分~15時(ラストオーダー 14時30分)、夜は予約のみ(1日1組 8名~)

自宅雑貨ショップ Spring Day

普段使いに適した器を店主が厳選

自宅のキッチンとリビングを展示スペースにして週末を中心に営業。
2児の母である店主が、食卓で使いやすかった器を全国から仕入れている。

Spring Dayの食器の写真

自宅雑貨ショップ Spring Day

住所/福岡県八女郡広川町大字水原928番地1
電話番号/0943-32-0123
休み/月曜日~金曜日 (注)週末を中心に営業
営業/13時~17時

森の中のCAFE PARIS

緑に包まれたログハウスでゆったりティータイムを

子鴨のコンフィが名物のフランス料理店。
国産小麦と地元産の卵で作るクレープ(850円)にはアイスとホイップを追加できる(プラス130円)。

CAFE PARISの外観の写真

CAFE PARISのクレープの写真

森の中のCAFE PARIS

住所/福岡県八女郡広川町新代1364番地2
電話番号/080-8575-2820
休み/木曜日・金曜日(予約があれば営業)
営業/11時30分~21時、ランチのラストオーダーは14時30分、ディナーは17時~(注)予約制。
クレープは13時30分~17時

アクセス

アクセスマップ

九州自動車道太宰府インターチェンジから久留米方面へ進み、広川インターチェンジを降りて、広川町中心部までは約10分。

九州各地のお出かけ情報は「九州のとっておき」 キレイライフプラス 九州のとっておき PICKUP(別ウィンドウ)

この情報は2018年 春号掲載時点のものです

バックナンバー