ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

みらいと

  • このリンクをシェア
  • ツイート

広沢さん家のつくりおき:れんこんのそぼろ煮

広沢さんちのつくりおき 毎日の食卓に大活躍の「つくりおき」。アレンジも楽しみましょう! 和洋どちらにもアレンジOK! れんこんのそぼろ煮

広沢京子さんの写真

広沢京子さん

雑誌や広告のレシピ制作、スタイリング、飲食店のプロデュースなど幅広く活躍。「家だから、いっぱい野菜」をはじめレシピ本を多数出版。

和洋どちらにもアレンジOK!れんこんのそぼろ煮

材料(できあがりは800グラム分)

  • れんこん・・・正味550グラム
  • 鶏ひき肉・・・180グラム
  • A[醤油・・・大さじ3、酒・・・大さじ2、みりん・・・大さじ2、砂糖・・・大さじ2と2分の1、かつおだし・・・1カップ、塩・・・小さじ4分の1(だしパックを使用する場合は不要)、ショウガのすりおろし・・・小さじ1]

つくりかた

れんこんのそぼろ煮の写真

  1. 1.鍋にAを入れてよく混ぜ合わせ、5ミリメートル角に切ったれんこん、鶏肉を加え、箸で混ぜながら中火で煮る。
  2. 2.煮立ったら火を弱めて落とし蓋をして15分煮る。
  3. 3.火を止めそのまま冷まし、保存容器に入れ冷蔵庫で保存。

(注)保存期間【冷蔵庫で5日】

今回のポイント
ごはんに混ぜ、ベシャメルソースと合わせチーズをのせればドリアに。サラダやオイルパスタの具材、豆腐の添え物にもおすすめ。豚ひき肉に代えてもOK。

アレンジ1混ぜるだけでカンタン!れんこんそぼろコロッケ

れんこんそぼろコロッケの写真

材料(4人分、8個)

  • さつまいも・・・2本(450グラム)
  • じゃがいも・・・2個(140グラム)
  • 塩・・・少々
  • れんこんのそぼろ煮・・・150グラム
  • 煮汁・・・大さじ1
  • 薄力粉、卵、パン粉・・・適宜
  • 揚げ油・・・適量

つくりかた

  1. 1.さつまいも、じゃがいもは皮をむき、適当な大きさに切り蒸し器で蒸す。串がスッと通ったらボウルに取り出し、熱いうちに潰して塩を少々加え混ぜる。
  2. 2.れんこんのそぼろ煮を加えてよく混ぜ合わせ、煮汁を大さじ1加え混ぜる。
  3. 3.8等分し丸くまとめ、薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
  4. 4.170度に温めた油できつね色になるまで揚げる。

アレンジ2鍋で炊けばおもてなしにもれんこんそぼろ炊き込みご飯

れんこんそぼろ炊き込みご飯の写真

材料(4人分)

  • れんこんのそぼろ煮・・・200グラム
  • 米・・・2合
  • B(うすくちしょうゆ・・・大さじ1と2分の1、水・・・380cc)
  • 三つ葉・・・4本

つくりかた

  1. 1.米をといで、たっぷりの水で15分吸水させる。ザルにあげて10分置く。
  2. 2.鍋に米、そぼろ煮の順に入れ、Bを注ぐ。中火にかけ、沸騰したら弱火で11分炊き、火を止め10分蒸らす。炊飯器の場合は通常モードで炊く。いずれも炊きあがったら2センチメートルの長さに切った三つ葉の茎を加え、フタをして5分蒸らす。
  3. 3.蒸し終わったら全体を軽く混ぜ、茶碗に盛り三つ葉の葉を飾る。

この情報は2018年 冬号掲載時点のものです

バックナンバー

広沢さんちの「だんどり」ごはん

広沢さん家のつくりおき