ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

みらいと

  • このリンクをシェア
  • ツイート

広沢さんちの「だんどり」ごはん:きのこのラグーパスタ・ホットサラダ・たまごのスープ

旬の食材でかぞくの献立 広沢さんちの「だんどり」ごはん きのこのラグーパスタ・ホットサラダ・たまごのスープ

広沢京子さんの写真

広沢京子さん

雑誌や広告のレシピ制作、スタイリング、飲食店のプロデュースなど幅広く活躍。「家だから、いっぱい野菜」をはじめレシピ本を多数出版。

だんどりポイント!

きのこのラグーパスタ・ホットサラダ・たまごのスープの写真

最初にすべての野菜をカットします。ラグーソースとごまソースを作った後、野菜を蒸し器に入れ、その間にスープを仕上げます。最後にパスタをゆでて完成。


メインきのこのラグーパスタ

材料(4人分)

  • しいたけ・・・6枚
  • えのき・・・1パック
  • しめじ・・・2分の1パック
  • 舞茸・・・1パック
  • にんにく・・・1かけ
  • 玉ねぎ・・・2個280グラム
  • 合びき肉・・・400グラム
  • 塩・・・小さじ1
  • トマトペースト・・・大さじ2
  • 中濃ソース・・・大さじ1
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • ショートパスタ・・・500グラム
  • イタリアンパセリ・・・3枝

★お好みで・・・粗びき黒こしょう少々


副菜ホットサラダ

材料(4人分)

  • ブロッコリー・・・1個
  • レンコン・・・200グラム
  • プチトマト・・・12個
  • 塩・・・少々
  • エキストラバージンオリーブオイル・・・大さじ1

★その他お好みで季節の彩り野菜を。

ごまソース

  • ねりごま・・・大さじ2
  • マヨネーズ・・・大さじ1
  • にんにく(すりおろし)・・・2分の1かけ
  • 薄口しょうゆ・・・小さじ1
  • 湯・・・大さじ2

副菜たまごのスープ

材料(4人分)

  • チキンブイヨン(顆粒)・・・12グラム
  • 水・・・800cc
  • 塩・・・少々
  • 卵・・・1個

つくりかた

0分

切る

1.きのこ類、にんにく、イタリアンパセリはみじん切りにする。

きのこのラグーパスタの写真

2.ブロッコリーは小房に分け、レンコンはよく洗って皮ごと1センチメートルの厚さに切る。プチトマトはヘタを取る。

ポイント!

彩りよいプチトマトは、少し加熱することで旨味が増します。

ホットサラダの写真

ここまで5分

炒める

3.オリーブオイル、にんにくを弱火で炒め、香りがしてきたら玉ねぎを加え中火で炒める。玉ねぎがしんなりしたらひき肉を加え、火が通ったらきのこ類、塩を加え炒める。きのこがしんなりしたらトマトペースト、中濃ソースを加え汁気がなくなるまで炒める。

きのこのラグーパスタの写真

ここまで10分

沸かす

4.鍋に湯を沸かしブイヨンを溶く。卵は解きほぐし、沸いているスープに回し入れ、火を止める。塩で味を調える。

ポイント!

沸騰した状態でとき卵を入れると、ふんわりと仕上がります。

たまごのスープの写真

ここまで15分

蒸す

5.ブロッコリー、レンコンを5~6分蒸す。さらに、プチトマトを加え1分蒸す。

ホットサラダの写真

ここまで20分

ゆでる

6.ショートパスタを表記の時間通りにゆでる。

きのこのラグーパスタの写真

和える

7.ボウルにを取り出し、熱いうちに塩、オリーブオイルで和え、器に盛る。ごまソースの材料を順に加えよく混ぜ合わせ小皿で添える。

ホットサラダの写真

8.を器に盛り、をかける。みじん切りにしたイタリアンパセリを散らし、好みで粗びき黒こしょうをふる。

ポイント!

大人用にはガラムマサラをふりかけるとエスニックな味わいに!

きのこのラグーパスタの写真

ここまで25分

おすすめ!

ラグーソースは冷蔵で3~4日、小分けして冷凍すれば1ヵ月ほど保存できます。

この情報は2019年 秋号掲載時点のものです

バックナンバー

広沢さんちの「だんどり」ごはん

広沢さん家のつくりおき