ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

みらいと

  • このリンクをシェア
  • ツイート

広沢さんちの「だんどり」ごはん:豚肉と夏野菜の炒めもの・トマトの梅マリネ・もずくのスープ

旬の食材でかぞくの献立 広沢さんちの「だんどり」ごはん 豚肉と夏野菜の炒めもの・トマトの梅マリネ・もずくのスープ

広沢京子さんの写真

広沢京子さん

雑誌や広告のレシピ制作、スタイリング、飲食店のプロデュースなど幅広く活躍。「家だから、いっぱい野菜」をはじめレシピ本を多数出版。

だんどりポイント!

豚肉と夏野菜の炒めもの、トマトの梅マリネ、もずくのスープの写真

まずすべての材料を切ります。マリネをつくって冷蔵庫で味をなじませている間に、メインの炒め物を。最後にさっと煮立てるかんたんスープをつくれば、今日の献立のできあがり!


メイン豚肉と夏野菜の炒めもの

豚肉と夏野菜の炒めものの写真

材料(4人分)

  • 豚バラ肉・・・200グラム
  • 玉ねぎ・・・1個
  • アスパラガス・・・4本
  • 黄パプリカ・・・1個
  • ズッキーニ・・・1本
  • しょうがみじん切り・・・小さじ1
  • 塩・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ2
  • A(塩・・・小さじ2分の1、酒・・・小さじ1、しょうゆ・・・小さじ2分の1)
  • 片栗粉・・・小さじ1

★お好みで白ごま適量


副菜トマトの梅マリネ

トマトの梅マリネの写真

材料(4人分)

  • トマト・・・2個
  • 梅干し・・・2個
  • はちみつ・・・小さじ1
  • 酢・・・小さじ1

副菜もずくのスープ

もずくのスープの写真

材料(4人分)

  • もずく・・・100グラム
  • 昆布だし・・・800cc
  • B(薄口しょうゆ・・・小さじ1と2分の1、塩・・・小さじ1)
  • しょうがすりおろし・・・小さじ1
  • オクラ・・・1本

つくりかた

0分

切る

1.玉ねぎは薄切り、アスパラは長さ4センチメートルに、黄パプリカは2センチメートル幅の棒状に、ズッキーニは長さ4センチメートルの棒状に切る。

豚肉と夏野菜の炒めものの写真

2.湯むきしたトマトを6等分にする。

トマトの梅マリネの写真

3.オクラを薄切りにする。

ワンランクアップ!

水1リットルあたり10グラムの昆布を入れて冷蔵庫で一晩! 寝ている間に簡単にだしがとれますよ。
(注)冷蔵庫で日持ち3~4日

もずくのスープの写真

ここまで10分

4.豚肉は3センチメートル幅に切り、Aで下味をつける。

豚肉と夏野菜の炒めものの写真

味つけ

5.梅干しは種をはずして包丁でたたき、はちみつ・酢と混ぜる。

ここまで20分

なじませる

6.トマトとを和え、冷蔵庫で冷やす。

ポイント!

ほかの野菜から切っている間にお湯をわかしておき、トマトを湯むきするのがだんどりポイント!湯むきすることで味なじみがよくなります。

トマトの梅マリネの写真

炒める

7.フライパンにごま油大さじ1を熱し、片栗粉をはたいた豚肉を中火で両面焼く。肉を取り出し、同じフライパンにごま油大さじ1、しょうがを加える。玉ねぎを入れて少し炒め、残りの野菜を加えて炒め、塩、酒を加えてフタをして1分蒸し焼きに。豚肉を戻し入れ、さっと炒めて完成。お好みで仕上げに白ごまをふる。

豚肉と夏野菜の炒めものの写真

煮る

8.鍋に昆布だしを入れ、煮立ったらもずくを加えてさっと煮立て、Bを入れる。しょうがのすりおろしを加えて混ぜ、器に注ぎ分ける。薄切りのオクラをのせて完成。

もずくのスープの写真

ここまで30分

おすすめ!

夏バテに良い豚肉を使った炒めものには、バジルや大葉を入れるとよく合います。マリネやスープにみょうが、しょうがなどの薬味を足せば夏の味わいに。

この情報は2019年 夏号掲載時点のものです

バックナンバー

広沢さんちの「だんどり」ごはん

広沢さん家のつくりおき