ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

新着情報・お知らせ

  • このリンクをシェア
  • ツイート

「九州電力健康宣言」を制定しました

平成30年4月18日
九州電力株式会社
「九州電力健康宣言」を制定しました

 当社は、2月20日に「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)」に認定されたことを契機に、当社にとって最も大切な財産である従業員が幸せで充実した人生を送るため、「従業員の健康を守る」との強い決意のもと、この度「九州電力健康宣言」を制定しましたので、お知らせいたします。
 今後、あらゆる事業運営の基盤となる従業員の健康保持・増進にこれまで以上に取り組み、すべての従業員が心身ともに健康で、活き活きと働ける会社をつくっていきます。

九州電力健康宣言

‐九州電力は、すべての従業員が心身ともに健康で活き活きと働ける会社をつくっていきます‐

 「ずっと先まで、明るくしたい。」をブランドメッセージとする「九電グループの思い」は、「快適で、そして環境にやさしい」毎日をお客さまにお届けし、子どもたちの未来につなげていきたい、という思いを込めたものです。

 この思いを実現していくにあたり、職場が明るく活気に満ち、そこで働くすべての人が仕事を通じて「社会に貢献できる」、「人として成長できる」、そんな喜びを感じられる会社でありたいと考えています。

 そのためには、従業員の皆さんが心身ともに健康であり続けることが何よりも大切であり、心身が健康であってこそ、仕事への活力や情熱が生まれてくるものです。

 会社にとって最も大切な財産である従業員が、幸せで充実した人生を送るためにも、「従業員の健康を守る」という強い決意のもと、

  • 従業員一人ひとりの健康づくりのサポート
  • 健康で活き活きと働ける職場づくり
  • 効果的・効率的に仕事を進めるための働き方改革

を進めていきます。

 職場においては、上司をはじめ、皆さんの良好なコミュニケーションのもと、健康状態に気を配り合い、お互いを支えあう風土をつくっていただきたいと思います。

 そして、最も大切なのは、自分自身が健康について意識し努力することです。従業員の皆さんも、「自分が健康であることは、家族や職場メンバーの望みでもある」ことを自覚し、健康と真摯に向き合っていきましょう。

以上

平成30年4月

社長瓜生 道明