ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

東京電力株式会社柏崎刈羽原子力発電所で確認された不適切なケーブル敷設に係る対応に関する調査結果の報告について

平成28年3月31日
九州電力株式会社

東京電力株式会社柏崎刈羽原子力発電所で確認された不適切なケーブル敷設に係る対応に関する調査結果の報告について

 当社は、原子力規制委員会より、東京電力株式会社柏崎刈羽原子力発電所で確認された不適切なケーブル敷設事象を踏まえ、平成28年1月6日にケーブルの敷設状況等について報告するよう指示を受け、調査を行い、その結果を本日、同委員会へ報告しました。

【国の指示の概要】
 当社が設置する発電用原子炉施設(川内原子力発電所1、2号機を除く)における既存の安全系ケーブルについて、系統間の分離の観点から不適切なケーブル敷設の有無を調査すること。

 安全機能を有する設備に対して、安全機能に影響を与えるような工事が行われるおそれのある手順等になっていないか、品質マネジメントシステムを検証すること。

 平成28年3月31日までに原子力規制委員会に報告すること。

【報告の概要】
 玄海原子力発電所1~4号機における既存の安全系ケーブル敷設の状況を調査した結果、不適切なケーブル敷設はないことを確認しました。

 玄海及び川内原子力発電所で実施した工事に係る品質マネジメントシステムを検証した結果、工事により安全機能を有する設備に対して安全機能に影響を与えるような手順などとなっていないことを確認しました。

品質マネジメントシステム: 原子力安全の達成・維持・向上を目的とした業務の仕組み
今回は、設備工事に関する、図書の承認、作業要領書の承認、工事結果の確認などの工事に関する仕組みを検証した。

以上