ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

新着情報・お知らせ

  • このリンクをシェア
  • ツイート

万一の際の備えとしての計画停電の考え方について -平時から突発的な災害発生等に備えます-

平成30年7月10日
九州電力株式会社
万一の際の備えとしての計画停電の考え方について
-平時から突発的な災害発生等に備えます-

 九州エリアでは、今後も安定供給に必要な供給力を確保できる見通しです。
 しかしながら、国の審議会(注)において、平時においてこそ震災など突発的な事象に備えておくことが重要であり、万一の際の備えとして運用方法など計画停電の考え方について、改めて確認・検討し、公表するべきとの方針が示されました。

(注)総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会(第5回)(平成29年10月24日開催)

 この方針を受けて、電力広域的運営推進機関と当社を含む一般送配電事業者10社は、万一の際の備えとしての計画停電の考え方について、とりまとめましたので、お知らせします。

 計画停電は、他エリアからの融通電力受電や、国による節電要請など、需給バランスの改善策を最大限講じても、当該エリアの需給バランスが維持できない場合に、やむを得ずお願いするものです。

 みなさまが、安心して日常生活や経済活動をおこなっていただけるよう、当社は、引き続き、電力の安定供給に努めてまいります。

以上