ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

川内原子力発電所3号機の増設理由

 当社は、電力需要の増大、エネルギーセキュリティの確保、地球環境問題への対応及び経済性等を総合勘案し、原子力を中核とする電源ベストミックスを推進しています。
 今後の電力需要は、長期的には緩やかながらも着実に増加していくと見込まれます。
 原子力の発電電力量構成比は、2010年代後半には40%を下回りますが、川内原子力発電所3号機を開発することで、電源ベストミックスで目標としている50%程度になります。
 また、現行の需要見通しでは、2010年代後半には、新たな供給力の手当てが必要となります。
 これらのことから、将来にわたり二酸化炭素(CO2)の排出を抑制し、安定的かつ経済的な電気をお届けするために3号機の増設を計画いたしました。

●当社の電源ベストミックス(目標)

  電源設備量 発電電力量
原子力 30%程度 45~50%程度
再生可能エネルギー
(地熱、一般水力)
10%程度 10%程度
揚水 10%程度
火力
(石炭、LNG、石油)
残り50%を
各々1/3程度
燃料情勢等に
応じて分担

●当社の発電電力量構成比率(他社受電を含む)

当社の発電電力量構成比率グラフ