ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス(別ウィンドウ)
キレイライフプラス 無料会員登録・ログインはこちら!(別ウィンドウ)
おトク!あんしん!快適!オール電化とは?詳しくはこちら(別ウィンドウ)
九電Web明細サービス
新規登録(別ウィンドウ)
会員ログイン(別ウィンドウ)
ガスも九電
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

玄海原子力発電所1号機の廃止措置計画

玄海原子力発電所1号機の廃止措置計画について

玄海原子力発電所1号機は九州初の原子力発電所として、1975年10月15日に営業運転を開始し、2015年4月27日に運転を終了しました。
当社は、玄海原子力発電所1号機の廃止措置を安全に実施するため、原子炉等規制法に基づき、2015年12月22日に廃止措置計画認可申請書を原子力規制委員会へ提出し、2017年4月19日に同委員会より認可を得て、同年7月13日から廃止措置作業を開始しております。

廃止措置計画の概要

玄海原子力発電所1号機の廃止措置計画は、長期の工程になりますが、第1段階「解体工事準備期間」から第4段階「建屋等解体撤去」までの4段階に分け、安全確保を最優先に、慎重に進めて参ります。

Ⅰ.解体工事準備期間(2017年7月13日~2025年度) 。汚染のない2次系設備を解体撤去します。1次系設備の汚染状況の調査及び汚染除去をします。
Ⅱ.原子炉周辺設備等解体撤去期間(2026年度~2040年度)。使用済燃料の1号機施設外への搬出を完了します。新燃料の燃料加工メーカへの譲り渡しを完了します。
Ⅲ.原子炉等解体撤去期間(2041年度~2047年度)。放射能の減衰を待って、原子炉容器、蒸気発生器等を解体撤去します。
Ⅳ.建屋等解体撤去期間(2048年度~2054年度)。建屋内の汚染物を撤去した後、最後に建屋を解体撤去します。(注)放射性物質による汚染のない地下建屋、地下構造物及び建屋基礎を除く

廃止措置工程

廃止措置工程の図