ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

日本機械学会「発電用原子力設備規格 設計・建設規格」のフランジ設計及び管の穴の補強設計に関する調査結果の報告について

平成27年1月16日
九州電力株式会社

日本機械学会「発電用原子力設備規格 設計・建設規格」のフランジ設計及び管の穴の補強設計に関する調査結果の報告について

 当社は、平成26年12月18日、原子力規制委員会より、平成18年1月に適用された日本機械学会「発電用原子力設備規格 設計・建設規格」の規定に誤り(注)があったことを踏まえ、同規定に基づく、設計の有無等について、報告するよう指示を受け、本日(1月16日)、同委員会へ報告しました。

【国の指示内容】
  • 同規格のうち誤りのあった規定に基づき設計したものの有無について、報告すること。
  • 設計したものがある場合は、訂正後の規定に適合しているか否かについて、報告すること。
【報告の概要】
  • 同規格適用以降の玄海及び川内原子力発電所で実施した工事について調査した結果、誤りのあった規定に基づき設計したものはないことを確認しました。

<第1編 軽水炉規格>(2005年版(2007年追補版を含む)又は2012年版)
  配管と配管をボルト・ナットで締め付けて繋げる際に使用するフランジ及び配管に穴を開けた場合の補強に関する設計条件の規定に誤りがあった。

以上