ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

平成26年度における原子力施設の耐震安全性に係る情報の報告について

平成27年4月27日
九州電力株式会社

平成26年度における原子力施設の耐震安全性に係る情報の報告について

 当社は、(旧)原子力安全・保安院の指示文書(平成21年5月8日付け)に基づき、原子力施設の耐震安全性に係る新たな科学的・技術的知見を継続的に収集し、耐震安全性に関連する可能性のあるものについて、毎年度、国へ報告しています。

 本報告は、平成26年度に公表された、国の関係機関の報告、学会や協会などの報告・論文、海外情報などから、原子力発電所の耐震安全性に関連する可能性のある情報の抽出を行い、本日、原子力規制委員会に報告しました。

1. 報告書概要
  (1)原子力事業者に共通する情報
  • 原子力事業者に共通する情報に関して、原子力事業者間で検討・整理した結果、耐震安全性の評価に反映が必要な新知見情報はなかった。
(2)玄海及び川内原子力発電所固有の情報
  • 玄海及び川内原子力発電所に固有の情報に関して、検討・整理した結果は以下のとおり。
発電所名 反映が必要な「新知見情報」 再評価が必要ない「新知見関連情報」
玄海原子力発電所
川内原子力発電所
再評価が必要ないものとは、従来の評価に影響を与えない、あるいは、現時点では研究の途中段階であり、今後の研究動向を注視するとした情報

 当社は、今後とも、原子力発電所の耐震安全性に係る新たな科学的・技術的知見の継続的な情報収集に努め、安全確保に万全を期してまいります。

以上