ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

仏国原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析の可能性に係る製造方法及び製造メーカーの調査結果の報告について

平成28年9月2日
九州電力株式会社

仏国原子力安全局で確認された原子炉容器等における炭素偏析の可能性に係る製造方法及び製造メーカーの調査結果の報告について

 平成28年8月24日、原子力規制委員会から、仏国内で運転中の原子力発電所の蒸気発生器において機器の強度が想定より低い鍛造鋼が使われた可能性があるとの仏国原子力安全局の報告を踏まえ、原子炉容器等について製造方法及び製造メーカーを報告するよう指示を受けました。
 当社は、原子力規制委員会からの指示に基づき調査を行い、その結果を本日、同委員会へ報告しました。

【報告の内容】
 玄海原子力発電所2~4号機及び川内原子力発電所1、2号機における、原子炉容器、蒸気発生器及び加圧器の製造方法及び製造メーカーについて、別紙のとおり確認しました。

【今後の予定】
 国の指示に基づき、今回の調査で確認された鍛造鋼に対し、規格(JIS等)を上回る炭素濃度領域を含む可能性について評価し、結果を原子力規制委員会に報告いたします。

以上