ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

川内原子力発電所における中央制御室換気空調系ダクト等の点検調査結果の報告について

平成29年3月23日
九州電力株式会社

川内原子力発電所における中央制御室換気空調系ダクト等の点検調査結果の報告について

 当社は、原子力規制庁からの指示に基づき、川内原子力発電所1、2号機の中央制御室換気空調系ダクト等について点検調査をおこなった結果、異常がないことを確認し、本日、同庁へ報告しました。

〔点検調査期間〕
  中央制御室
換気空調系ダクト
代替緊急時対策所
空気浄化系ダクト
川内1号機 平成29年2月27日~3月21日 平成29年2月15日~2月17日
川内2号機 平成29年1月28日~2月17日
〔点検調査結果〕

 川内原子力発電所1、2号機の中央制御室換気空調系ダクト及び代替緊急時対策所空気浄化系ダクトについて、直接目視にて外観点検を実施した結果、機能・性能に影響を及ぼす異常がないことを確認した。

(参考)原子力規制庁の指示の概要(平成29年1月18日)
  • 新規制基準適合性審査に係る使用前検査に合格した原子炉は、中央制御室非常用循環系ダクト及び緊急時対策所空気浄化系ダクト等について、速やかに外観を点検調査し、その結果を報告すること。
  • 廃止措置中の原子炉を除く上記以外のプラントは、中央制御室非常用循環系ダクト等について、保安規定でその機能が要求される時期までに、外観を点検調査し、その結果を報告すること。

以上