ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

川内原子力発電所1号機 第25回定期検査の状況について

2020年7月20日
九州電力株式会社

川内原子力発電所1号機 第25回定期検査の状況について

 2020年3月16日より定期検査を実施中の川内原子力発電所1号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力89万キロワット)において、7月16日、原子力発電所の安全性に影響はなく、法令に基づく国への報告や、安全協定に基づく自治体への報告の必要がない軽微な事象が発生しました。
 制御棒クラスタの検査を実施中のところ、制御棒クラスタ1体の外観確認を終え、使用済燃料プール内で移動し、所定の位置に収納しようとした際、制御棒クラスタを構成している24本の制御棒のうち、1本に曲がった様子が認められました。

2020年7月16日お知らせ済み

 今回の事象について、別紙の通り、調査結果及び原因と対策を取りまとめましたのでお知らせします。

 当社は、今回の対策に徹底して取り組むとともに、定期検査における検査や作業を一つひとつ丁寧に進め、発電所の安全・安定運転に万全を期してまいります。

PDFファイル(別紙)川内原子力発電所1号機 第25回定期検査における制御棒の曲がり発生について(633KB)

以上