ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

見解11

ウラン資源の有効利用について

広告内容:

「95%再利用可能です」と宣伝しても,実際に使用するのは1%のプルトニウムだけ


当社見解:

 原子力発電所で使い終わった使用済ウラン燃料の中には,プルトニウムが約1%,燃えやすいウランが約1%,燃えにくいウランが約93%,核分裂生成物が約5%含まれています。 このうち,核分裂生成物の約5%が高レベル放射性廃棄物として廃棄処分され,残りの95%が再利用できます。

 当面の間は,回収したプルトニウムをMOX燃料として,現在の原子力発電所で利用するプルサーマルが中心となりますが,回収したウランの利用についても,ウラン資源の有効利用を一層進める観点から,今後,ウラン資源の需給等,国内外の諸情勢を総合的に勘案して,利用の時期等を検討していくことにしています。

 なお,当社においては,回収したウランから作った燃料(12体)を川内2号機で使用した実績があります。

 


図:ウラン燃料の発電による変化


ウラン燃料の発電による変化を示したグラフ