ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

プルサーマルの実績が一番多いフランスでも90万kW級の発電所でしか実施されていない中で,大型商業炉でのMOX燃料の使用実績がないまま,玄海3号機(118万kW)でプルサーマルを導入するのは,危険ではないですか?

Q: プルサーマルの実績が一番多いフランスでも90万kW級の発電所でしか実施されていない中で,大型商業炉でのMOX燃料の使用実績がないまま,玄海3号機(118万kW)でプルサーマルを導入するのは,危険ではないですか?

A:

100万kW以上の大型商業炉でのMOX燃料の使用実績は,いくつもあります。

<解説>

 フランスでプルサーマルの許可が出された1984年当時,同国内には100万kWを超える原子力発電所はなく,結果としてプルサーマルを実施する発電所は全て90万kW級となりました。

 しかし,世界ではドイツのイザール2号(出力145.5万kW)をはじめ,玄海3号機と同等以上の発電規模の発電所でプルサーマルを実施している例はいくつもあります。

出力100万kW以上の海外のMOX燃料使用発電所
(2003年12月末現在)
発電所 出力(万kW) MOX燃料
装荷開始年

ベルギー

ドール3 105.8 1995

ドイツ

イザール2 145.5 1998
ブロックドルフ 144.0 1989
グローンデ 143.0 1988
フィリップスブルク2 142.4 1988
ネッカー2 136.5 1998
ウンターベーザー 135.0 1984
グンドレミンゲンB 134.4 1996

スイス

ゲスゲン 102.0 1997
注) いずれも最高燃焼度(実績)が45,000MWd/t以上のプラント

<出典> 平成15年度核燃料サイクル関連技術調査報告書(財団法人エネルギー総合工学研究所)より抜粋