ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

玄海3号機 燃料の健全性の監視状況

原子力発電所では、運転中、定期的に原子炉内の一次冷却材(水)の放射性よう素の濃度を測定し、燃料棒(被覆管)に微小な穴などが発生して燃料棒中の放射性物質が一次冷却材中に漏れ出していないかを確認しています。

MOX燃料を装荷した玄海3号機では、運転中の燃料の健全性を確認するため、一次冷却材に含まれるよう素濃度の監視強化を行っています。
また、原子炉内の燃料が適切に燃焼していることを定期的に確認しています。
注意: 一次冷却材には、燃料製造時に被覆管表面に付着したごく微量のウラン等の核分裂により発生する放射性よう素が含まれています。よう素濃度の測定では、このよう素が検出されるため、測定値が「0」にはなりません。


燃料の健全性の監視状況のイメージ
監視状況を見る