ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
キレイライフプラス
MENU CLOSE

文字サイズ

発電

  • このリンクをシェア
  • ツイート

原子力発電所で働く人の放射線管理の状況について

 当社の原子力発電所での機器の点検作業や諸検査においては、原子力の品質や安全が適切かつ十分に確保されるよう、専門の知識・技能が必要となります。

 専門の知識・技能が必要な機器の点検作業等については協力会社等が請負い、一方、当社社員はそれらの作業において、現場で必要な連絡や確認が行えるよう、適切な体制を構築しています。

 また、放射線管理区域内で機器の点検作業等を実施する場合は、上記のような体制下で、「遮へい」「距離」「時間」を念頭に、当社社員及び協力会社作業員について、適切な放射線管理を実施しています。

 その結果、下表のとおり、放射線管理区域内で、作業等をおこなっている協力会社社員と、同種の業務をおこなっている当社社員(保修課原子炉係)の被ばく線量は同程度となっています。

 当社は、今後とも適切な放射線管理を実施し、当社及び協力会社の社員の被ばく線量が法令上の規制値を超えないよう、厳重に管理して行きます。

※規制値:1年間50ミリシーベルト以下(5年間100ミリシーベルト以下)

当社社員(保修課原子炉係)と協力会社社員の線量実績(平均)(単位:ミリシーベルト)
項目 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
当社社員
(保修課原子炉係)
玄海 0.5 0.1 0.1 0.0 0.0
川内 1.5 0.1 0.3 0.2 0.2
協力会社社員 玄海 0.7 0.2 0.1 0.1 0.2
川内 1.2 0.1 0.4 0.2 0.1