ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成19年4月6日
九州電力株式会社

発電設備に係る点検結果(不適切な事象)に対する再発防止策(報告書)の提出について


 当社は、平成19年3月30日に、経済産業省原子力安全・保安院へ提出した「発電設備に係る点検結果報告書」を踏まえ、今回判明した事象について、根本的原因の究明を行うとともに、二度と同じようなことが起きないよう、各発電設備部門及び全社大で実施すべき再発防止策を取りまとめ、本日、経済産業省へ提出しましたのでお知らせします。

 今回の不適切な事象に対する具体的な再発防止策につきましては、業務運営面での「再発防止の仕組みづくり」を早急に整備・構築するとともに、対象部門を含めた全従業員に対するコンプライアンス意識向上策について、今まで以上に周知・徹底を図り、「再発防止に向けた組織風土づくり」に積極的に取組むことといたします。

 今後、今回の不適切な事象を教訓とした再発防止策の着実な実施により、企業倫理に則った透明性の高い公正な事業活動を展開し、社会の皆さまとの信頼関係の回復に努めてまいります。

以上

添付ファイル PDFファイル 発電設備に係る点検結果(不適切な事象)に対する再発防止策の概要について

(2,872KB)