ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成21年1月8日
九州電力株式会社

川内原子力発電所における環境調査結果の報告及び川内原子力発電所3号機の増設申入れについて


 当社は本日、鹿児島県知事ならびに薩摩川内市長に対し、川内原子力発電所における環境調査結果を報告するとともに、川内原子力発電所3号機増設に関する申入れを行いました。

 資源小国であるわが国では、エネルギーセキュリティの確保が極めて重要であるとともに、地球環境問題への対応としてCO2等の温室効果ガスの排出削減に向けた取り組みが喫緊かつ永続的な課題となっており、これらの解決のためには、これまでにも増して、原子力発電及び再生可能エネルギー、省エネルギーに対する取り組みが不可欠であります。

 このような情勢を踏まえ、当社は、電力需要の増加、エネルギーセキュリティの確保、地球環境問題への対応及び経済性などを総合勘案し、原子力を中核として高効率火力や再生可能エネルギーなどを含めバランスのとれた電源開発を推進しております。

 当社は、川内原子力発電所において実施してまいりました環境調査(環境アセスメント、地質調査、気象調査)を終了し、この調査の結果、川内原子力発電所3号機の増設が可能であることを確認したことから、このたび、環境調査結果を報告するとともに、3号機の増設を申入れたものです。

 当社といたしましては、今後、増設計画を進めていくためには、地域の皆さま方のご理解とご協力をいただくことが何よりも重要であると考えており、あらゆる機会を通じてご理解をいただくための活動を進めてまいります。

以上

添付ファイル PDFファイル 川内原子力発電所における環境調査結果 (57KB)