ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成22年2月22日
九州電力株式会社

川内原子力発電所1号機 定期検査中における作業員の人身事故に関する報告書の提出について


 平成22年1月29日、定期検査中の川内原子力発電所1号機のタービン建屋において、設備点検に伴う停電作業を実施していたところ、アーク(火花)が発生し、7名の作業員が負傷しました。このうち、3名を救急車にて病院へ搬送し、懸命の治療が行われましたが、1名がお亡くなりになりました。なお、当該作業員に放射性物質による汚染、被ばくはありませんでした。
(平成22年1月29,30日 お知らせ済み)

 これまでの調査で判明した事故状況、推定原因及び再発防止対策を取りまとめ、本日、電気事業法に基づき経済産業省へ報告書を提出しましたのでお知らせします。
 今回の事故は、接地器具が主回路端子1次側充電部に接触し短絡、アークが発生し、アークガスが噴出したことにより、作業員が熱傷を負ったものと推定されます。
 当社は、このような事故が発生した要因について分析を行い、全ての推定原因を踏まえ、再発防止のために作業手順、注意事項等の明確化を行うとともに、対策などについて、周知、教育を行うこととします。
 なお、今後も引き続き調査を行い、新たな事実が確認されれば追加対策を実施します。

 当社は、二度とこのような事故を起こさないよう再発防止対策を徹底し、安全確保に努めてまいります。

以上

添付ファイル PDFファイル (別紙)川内原子力発電所1号機 定期検査中における人身事故に関する報告の概要 (1,818KB)