ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成22年11月4日
九州電力株式会社

アレバNC社の新規ウラン濃縮工場への参画について


 当社はこの度、ウラン燃料の安定調達に向けた取組みの一環として、アレバNC社(フランス)の新規ウラン濃縮工場(ジョルジュベスII)プロジェクトに参画します。

 参画にあたっては、東北電力株式会社および既に参画している関西電力株式会社、双日株式会社と共同でフランスに設立したジャパン・フランス・エンリッチメント・インベスティング社を通じ、2010年中にSETホールディング社※1発行済株式の1%(日本側4社合計で4.5%)をアレバNC社から取得します。

 ジョルジュベスIIは、2010年中の竣工を目指し建設が進められており、2016年のフル生産時には濃縮ウランの生産容量を7,500トンSWU※2に拡張する計画です。これは世界の濃縮ウラン需要の約13%に相当すると想定されています。

 本プロジェクトへの参画は、当社にとって初めての海外でのウラン濃縮事業への参画であり、ウラン濃縮工場運営への直接関与や、原子燃料サイクル全般に事業展開するアレバNC社との関係強化により、当社のウラン燃料長期安定調達に資するものと考えています。

 当社は、世界的な原子力発電の拡大に伴うウラン燃料の需要増大が見込まれるなか、本プロジェクトへの参画や、既に参画しているカザフスタン共和国におけるウラン鉱山プロジェクト等により、今後とも将来にわたるウラン燃料の安定調達に努めてまいります。

※1 SETホールディング社・・・ジョルジュベスIIを実質的に運営する持株会社
※2 SWU・・・濃縮ウラン生産プロセスにおける作業単位


以上
添付ファイル PDFファイル プロジェクトの概要、参画スキーム (20KB)
PDFファイル 各社の概要 (16KB)