ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成22年12月10日
九州電力株式会社

玄海原子力発電所3号機1次冷却材中のよう素濃度の上昇について(続報)
及び第13回定期検査の開始について

 玄海原子力発電所3号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力118万キロワット)は、通常運転中の12月9日、1次冷却材中のよう素濃度がこれまでの測定値に比べ若干上昇したことから、運転継続に支障はないものの、監視強化を行うこととしました。

(平成22年12月9日 お知らせ済み)

 現在のよう素濃度は、運転上の制限値を十分下回っており、発電所の安全性に影響はありませんが、よう素濃度が上昇傾向にあることから、12月下旬から予定している第13回定期検査を前倒しして実施し、燃料集合体の調査を行うこととしました。
 今後、準備でき次第、発電を停止し定期検査に入ります。停止期間は約4ヶ月の予定です。
 なお、本事象による環境への放射能の影響はありません。

(参考)
○1次冷却材中のよう素濃度

・12月8日迄の測定値 0.15Bq/cm3程度
・12月9日の測定値 0.30Bq/cm3
・12月10日の測定値 0.59Bq/cm3

(よう素濃度の制限値 :63,000Bq/cm3

注)Bq(ベクレル):放射能の強さを表す単位

以上