ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
お知らせ

平成23年4月4日
九州電力株式会社

東北地方太平洋沖地震に起因する原子力発電所事故を踏まえた省令改正に伴う
玄海及び川内原子力発電所原子炉施設保安規定の変更認可申請について

 平成23年3月30日、東北地方太平洋沖地震による津波に起因する福島第一原子力発電所事故を踏まえ、「実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則」の一部を改正する省令が施行されました。
 当社は、本省令改正に伴い、津波により交流電源を供給する全ての設備、海水を使用して原子炉施設を冷却する全ての設備及び使用済燃料ピットを冷却する全ての設備の機能が喪失した場合における原子炉施設の保全のための活動を行う体制の整備について、記載を追加した玄海及び川内原子力発電所原子炉施設保安規定の変更認可申請を本日、経済産業省に提出しましたのでお知らせします。
 今後、申請内容について国の審査が行われ、妥当性が確認される予定です。

原子炉施設保安規定
「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規則に関する法律」に基づき、原子炉施設の運転や保安のために必要な事項を定めた規定。

以上