プレスリリース

平成23年10月4日
九州電力株式会社

玄海原子力発電所4号機の原子炉自動停止について

 玄海原子力発電所4号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力118万キロワット)は、通常運転中のところ、本日13時40分、「復水器真空異常低」の信号により、タービンが自動停止し、原子炉が自動停止しました。
 非常用炉心冷却設備(ECCS)の動作はありません。また、放射線モニタの指示等に異常はなく、外部への放射能の影響はありません。

 詳細については、現在調査中ですが、本日午後から復水器真空を維持するタービングランド蒸気元弁の補修作業をおこなっており、この関連についても調査を行い、原因が判明次第お知らせします。
 なお、現在、復水器真空は回復しており、プラントは高温停止状態で安定しています。

以上