ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成23年12月22日
九州電力株式会社

玄海原子力発電所4号機 取替用配管製造に係る保安院指示文書の受領について

 当社は、原子力安全・保安院より原子力施設安全情報に係わる申告制度に基づく調査の指示を受け、財団法人発電設備技術検査協会(以下、「発電技検」と言う。)が実施した玄海4号機タービン関係の取替用蒸気配管の溶接事業者検査について、調査を行い国へ報告していました。

 本日、原子力安全・保安院は、発電技検において、溶接事業者検査の一部である溶接後熱処理検査の検査漏れ及び検査記録の不適切な修正が行われていたことを確認した旨を公表しました。

 具体的には、発電技検が同取替用配管の工場での溶接後熱処理検査において、溶接後熱処理記録の確認は行ったが、検査不要と判断し、検査記録に検査不要を示す斜線を記載していたこと、また、当該検査記録の斜線が誤記であると判断し、検査が実施されていたものとして処置がなされていたというものです。

 当社は本日、原子力安全・保安院から、本件を踏まえ、発注者として調達管理を徹底するよう厳重注意及び指示を受けました。
 なお、発電技検に対しても、本件を踏まえた再発防止対策を行うよう指示が出されております。

 当社は今後、調達管理の徹底を図るとともに溶接事業者検査の委託先である発電技検の改善活動が、確実に実施されていることを品質保証監査において確認するなど、再発防止に努めてまいります。

以上