ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
お知らせ

平成24年2月17日
九州電力株式会社

玄海及び川内原子力発電所における開閉所等の
耐震性評価実施計画書の提出について

 当社は、東北地方太平洋沖地震による揺れにより、福島第一原子力発電所のしゃ断器等が損傷したことを踏まえた、原子力安全・保安院からの指示を受け、当社原子力発電所における外部電源の信頼性確保に係る開閉所等について「変電所等における電気設備の耐震設計指針(JEAG5003-2010)」による評価を実施し、機能不全となる倒壊、損傷等が発生する可能性は低いことを、平成23年7月7日に国へ中間報告を行いました。

(平成23年7月7日お知らせ済み)

 その後、福島第一原子力発電所のしゃ断器等の損傷原因は、発生したと想定される地震動が設計基準を超過したこと等であることが判明し、平成24年1月19日、原子力安全・保安院より「原子力発電所等の外部電源の信頼性確保に係る開閉所等の地震対策について(追加指示)」 を受けました。

 同指示に基づき、福島第一原子力発電所における開閉所の電気設備の損傷原因等を考慮した上で、評価及び対策を行うことについての実施計画書を、本日、国へ提出しましたのでお知らせします。

 当社としては、引き続き原子力発電所の安全が確保できるよう安全対策に取り組むとともに、新たな知見が得られれば、迅速かつ適切に反映してまいります。

以上

添付ファイル PDFファイル (別紙)玄海及び川内原子力発電所における開閉所等の耐震性評価実施計画書の概要 (112KB)