ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
お知らせ

平成24年8月10日
九州電力株式会社

原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況報告について

 当社は、平成24年7月27日、原子力安全・保安院から「原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況について」の指示を受けました。
 これは、他電力の原子力発電所において放射性物質によって汚染された検査機器等を収納した輸送物が、搬出先である燃料加工会社の周辺監視区域外の倉庫において長期間保管されていたことを踏まえ、原子力事業者に、搬出先の周辺監視区域外に保管されている事案がないことの調査を指示されたものです。

 同指示に基づき、玄海及び川内原子力発電所からメーカーや研究施設に搬出した、放射性物質によって汚染された検査機器等の輸送物について、保管状況を調査した結果、同様の事案はなく、搬出先において適切に管理されていることを確認し、本日、国へ報告しましたのでお知らせします。

以上

添付ファイル PDFファイル (別紙)原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況報告概要 (15KB)