ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
お知らせ

平成29年7月14日
九州電力株式会社

鹿児島湾での地震を受けた川内原子力発電所の状況について異常がないことを確認しました
-安全上重要な設備の作動試験等を実施-

 川内原子力発電所1、2号機においては、平成29年7月11日に鹿児島湾で発生した地震後、直ちに通常運転中の設備の運転状態や放射線モニタの指示値に異常がないこと及び総点検パトロールにより設備全般について異常がないことを確認しております。

 さらに、安全確保の基本である「原子炉を止める」・「原子炉を冷やす」・「放射性物質を閉じ込める」機能を有する安全上重要な設備等について、作動試験を実施した結果、異常がないことを確認しました。

 今回の対応について、別紙のとおり取りまとめましたので、お知らせします。

 当社は、引き続き、皆さまの安全・安心が得られるよう、今後とも積極的な情報公開と丁寧なコミュニケーション活動に努めてまいります。

以上