ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
お知らせ

平成30年3月12日
九州電力株式会社

川内原子力発電所1号機の第23回定期検査の状況をお知らせします
-調査により漏えい燃料集合体を特定-

 川内原子力発電所1号機(加圧水型軽水炉、定格電気出力89万kW)は、平成30年1月29日から実施している第23回定期検査において、原子炉容器から燃料集合体全数157体を取り出し、漏えい燃料集合体を特定する調査を実施した結果、1体に漏えいが認められました。

 漏えいが認められた燃料集合体については、今後、詳細調査(注)を実施し、その結果は、改めてお知らせします。

 定期検査の実施にあたっては、引き続き、安全確保を最優先に、検査や作業を一つひとつ丁寧に進め、今後の安全・安定運転に万全を期してまいります。

以上

(注) 燃料棒への浸水の有無を超音波により判定し、漏えい燃料棒を特定後、異物の混入、損傷及び著しい腐食等を確認するためファイバースコープを用いて燃料棒の表面状態を観察し、異常の有無を確認する。