ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
お知らせ

2019年10月8日
九州電力株式会社

玄海原子力発電所3号機の使用済燃料プールの貯蔵能力変更等に係る原子炉設置変更許可申請書の補正書を提出しました
-使用済燃料プールのリラッキングに係る申請について記載の明確化を実施-

 当社は、玄海原子力発電所における使用済燃料の貯蔵余裕を確保するため、3号機の使用済燃料プールの貯蔵能力変更(リラッキング)に加え、乾式貯蔵施設を設置することとし、本年1月22日に、リラッキングに係る原子炉設置変更許可申請の補正書と乾式貯蔵施設に係る原子炉設置変更許可申請書を原子力規制委員会に提出しました。

2019年1月22日お知らせ済み

 今回、玄海3号機のリラッキングに係る原子炉設置変更許可申請の補正書について、これまでの国の審査内容を反映し、本日、同委員会へ補正書を再提出しました。

【主な補正内容】

  • 記載の明確化

 当社は、今後とも、国の審査に真摯かつ丁寧に対応するとともに、原子力発電所の安全性及び信頼性向上に取り組んでまいります。

以上