ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
お知らせ

2021年8月30日
九州電力株式会社

玄海及び川内原子力発電所において新型コロナウイルスワクチンの職域接種を開始しました

 当社は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を図るため、本年6月22日に玄海原子力発電所及び川内原子力発電所でのワクチンの職域接種に係る申請を厚生労働省へ提出していました。

2021年6月22日お知らせ済み

 その後、接種に必要な体制や会場の準備を進め、機材やワクチンの配付を受けたことから、本日より接種を開始しましたので、お知らせします。

 当社は、引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止を図りながら、電力の安定供給に努めてまいります。

職域接種の概要

事業所名 玄海原子力発電所 川内原子力発電所
接種場所 玄海エネルギーパーク 大型バスで外部の医療機関に出向き接種
対象者 当該発電所に従事する当社及び協力会社の従業員等のうち、接種を希望する者
接種予定人員 約1,400人 約2,000人
ワクチン 政府より配付されるモデルナ社製ワクチン
開始日 2021年8月30日(月曜日)
終了日 1回目の接種状況を踏まえて判断

以上