ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

「地熱開発促進調査(霧島烏帽子岳地域)」に係る継続調査の開始について

平成17年4月1日
九州電力株式会社

「地熱開発促進調査(霧島烏帽子岳地域)」に係る継続調査の開始について


 当社は,独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDOと略)が平成13年度から平成16年度までの4年間にわたって鹿児島県姶良郡霧島町田口字霧島山国有林で実施した(注1) 「地熱開発促進調査(霧島烏帽子岳地域)」の調査成果及び調査設備 を引継ぎ,発電事業の可能性についての調査検討を平成17年4月1日から行います。
 継続調査の期間は3年間を予定しています。
 地熱開発の是非については,継続調査の結果や地元状況などを踏まえ,総合的に判断し,決定する予定です。

(注1) 地熱開発促進調査
NEDO掘削の調査井(5本)及び噴出試験結果等。調査井5本のうち3本から地熱流体(蒸気,熱水)の噴出が確認されています。

 調査内容及び工程(予定)については次のとおりです。
調査内容と工程を表した図

以上