ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成18年6月19日
九州電力株式会社

「九州電力CSR報告書」及び
「九州電力環境アクションレポート」の発行について

 2005年度のCSR(企業の社会的責任)への取組みの実績と今後の取組方針などを取りまとめた「九州電力CSR報告書」及び環境活動の詳細を紹介する「九州電力環境アクションレポート」を本日発行いたしました。

 当社は,ライフラインを担う公益事業者として,低廉で良質な電気を安定的にお届けするという社会的使命を果たすとともに,地域社会との協調なくしては設備形成・運営もなしえないものとして,従来から,コンプライアンス経営,情報公開,環境経営,地域との共生などの諸活動に取り組んでおります。

 昨年,CSR担当役員の任命や社長を委員長とするCSR推進会議の設置など体制面の強化を図り,これによって当社のこれまでの事業活動や取組みをCSRの観点から評価し,広くステークホルダーの皆さまの声をお聴かせいただくためのコミュニケーションツールとして,今回CSR報告書を発行することといたしました。

 今後は,この報告書を通じてステークホルダーの皆さまの声を経営や業務運営に反映させるCSRマネジメントサイクルを構築し,「自らの企業価値を持続的に創造することにより,社会とともに発展する」という九州電力グループ行動憲章を実践してまいりたいと考えております。なお,この報告書を全社員へも配付し,CSRへの取組みをより一層推進していくこととしております。

 また,発電の過程でCOなどの環境負荷を発生させざるを得ない事業者として,環境問題については真摯に取り組む責務があると認識しており,「環境アクションレポート」による環境コミュニケーションにつきましても,従来どおり継続してまいります。

 なお,環境アクションレポートにつきましては,今回で10回目の発行となりますが,昨年発行したレポートが今年4月の「第9回環境報告書賞」(東洋経済新報社,グリーンリポーティング・フォーラム共催)において最優秀賞を受賞するなど高い評価をいただいております。



以上

<添付資料>
「九州電力CSR報告書2006」
「九州電力CSR報告書2006ダイジェスト」
「2006 九州電力環境アクションレポート」
「2006 人吉電力所環境アクションレポート」