ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成18年12月7日
九州電力株式会社

大口・高圧お客さまへの電気料金等請求書の印刷誤りの発生について


 当社の大口・高圧契約のお客さまへの電気料金等請求書の一部に印刷誤りが発生したことがお客さまからの連絡により判明しました。

 早急に原因を調査したところ,電気料金システムの運用委託先である九電ビジネスソリューションズ株式会社の印刷機操作誤りによるものでありました。

 今回の印刷誤りについては,電気料金の誤請求ではなく,裏面の検針結果のお知らせ等が印刷ずれを起こしたものであります。大口・高圧約3千6百口のお客さまに多大なご迷惑,ご心配をおかけしたことについて,誠に申し訳なく,深くお詫び申し上げます。

 当社といたしましては,大変多くのお客さまにご迷惑をおかけし,また,個人情報が他のお客さまに漏洩したこともあり,お客さまに早急にお詫びし,誤請求書を回収させて頂き,正しい請求書をお届けするとともに,再発防止へ向け,委託先への管理・指導の徹底に全力で取り組む所存です。


発生日
  平成18年12月5日(火曜日)
印刷誤りのお客さま数
  大口・高圧お客さま7万口のうち,約3,600口(詳細は調査中)
印刷誤りの内容
  1口のお客さまに,他のお客さまのページ(法人お客さま名(一部個人氏名を含む),お客さま番号,検針結果,お客さま使用実績)が混入して印刷
  印刷誤りに気づかず,お客さまへ発送
  なお,請求額のページは,正しく印刷

以上
添付ファイル PDFファイル 別紙 印刷誤り内容 (44KB)