ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成19年4月24日
九州電力株式会社

中国・内蒙古自治区における風力発電プロジェクトの合弁契約締結について


 当社は、本日、中国大唐集団公司(以下、大唐集団)、住友商事株式会社(以下、住友商事)及び住友商事(中国)有限公司(以下、住友商事(中国))と中国・内蒙古自治区における風力発電プロジェクト(以下、本プロジェクト)の合弁契約を締結いたしました。

 当社は平成17年より大唐集団及び住友商事と本プロジェクトの検討を共同で実施してまいりましたが、今般、本プロジェクトを進めることについて合意に至ったことから合弁契約の締結を行なったものです。
(※当社はNEDOより「平成17年度CDM/JI推進基礎調査」を受託)

 今後、当社は大唐集団、住友商事、住友商事(中国)と事業会社を設立し、本プロジェクトを進めてまいります。

 なお、当社は、当社の子会社である株式会社キューデン・インターナショナル(以下、キューデン・インター)を通じ合弁契約を締結しております。

【合弁契約の概要】
○目的 事業会社の設立、内蒙古自治区・赤峰市における風力発電プロジェクトの実施並びにCDMによるCO2クレジットの獲得
○開発規模 5万kW程度(平成20年末運転開始予定)
○締結日 平成19年4月24日(火曜日)
○締結者 大唐集団、キューデン・インター、住友商事、住友商事(中国)
以上

添付ファイル PDFファイル (参考資料)中国・内蒙古自治区における風力発電プロジェクトの合弁契約締結について

(123KB)