ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成20年2月13日
九州電力株式会社

電気自動車の業務車両への適用性評価試験の開始について


 当社は、運輸部門におけるCO2排出量の削減策として期待が大きい電気自動車の普及促進に取り組み、業務用車両への電気自動車の積極的な導入と普及時に必要となる充電インフラ整備面について検討を行っております。

 当社では、平成19年3月から現在まで、三菱自動車工業株式会社が開発した電気自動車「i MiEV (アイミーブ)」を総合研究所に1台導入し、車両性能評価試験を実施しておりましたが、今回、改良された「i MiEV」を新たに総合研究所、支店等へ10台配備し、日常業務に使用することで、社用車としての適用性を評価する試験を開始いたします。
 併せて、当社が開発した急速充電器についても、実用性を評価いたします。

 なお、総合研究所へ配備する改良型の1台については、当社と三菱重工業株式会社と共同開発中の電気自動車用リチウムイオン電池を車載し、電池性能の評価・分析を行い、今後の電池開発に反映させる予定です。

【実証走行試験概要】
(1) 試験期間: 平成20年2月~平成21年3月(目途)
(2) 配備先:
○電気自動車: 総合研究所、各支店直轄営業所(小倉、福岡、熊本東、大分、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島)、福岡支店 各1台 計10台
○急速充電器: 上記のうち、2箇所配備
以上

添付ファイル PDFファイル (別紙)i MiEV(実証走行試験車)

(231KB)

<問合先> 九州電力株式会社 総合研究所 リチウム電池・EV推進グループ
足立 和之(電話番号:092-541-0645)