ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成20年8月25日
九州電力株式会社

港発電所跡地でのメガソーラー開発について


 当社は、地球環境問題への対応、国産エネルギー活用の観点から、風力・ 太陽光・水力・地熱など再生可能エネルギーの開発、導入拡大を進めています。

 この度、当社初となるメガソーラー(大規模太陽光発電システム)を福岡県大牟田市の港発電所跡地に開発することといたしました。開発規模は3,000kWで、九州最大の太陽光発電となります。

 太陽光発電は原子力発電や水力発電と同様、発電を行う過程でCO2を排出しないため、メガソーラー3,000kWによるCO2排出抑制効果は、年間約1,300トンになる見込みです。

 当社は、今後も再生可能エネルギーの開発、並びに新エネルギーからの電力購入及び九州グリーン電力基金への協力などを通じ、低炭素社会の実現に努めてまいります。

【港発電所跡地でのメガソーラー計画の概要】
○ 所在地 : 福岡県大牟田市新港町
○ 開発規模 : 3,000kW
○ 年間発電電力量 : 約3,150MWh
○ 建設工程 :
着工 平成21年度(予定)
運転開始 平成22年度(予定)
以上

添付ファイル PDFファイル (別添資料)港発電所跡地位置図とメガソーラーのイメージ (572KB)