ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成20年10月1日
九州電力株式会社



長島風力発電所の営業運転開始について


 九州電力株式会社(社長:眞部利應)では鹿児島県長島町で風力発電事業を行うため、株式会社九電工(社長:橋田紘一)との共同出資により長島ウインドヒル株式会社(社長:荒巻康博)を設立し、平成17年10月から長島風力発電所の建設を進めてまいりましたが、本日、営業運転を開始いたしましたので、お知らせいたします。
 長島風力発電所は、九州では最大規模の風力発電所であり、九州電力が進める新エネルギー利用推進の一翼を担うものとなります。
 長島ウインドヒルでは、今後、長島風力発電所の安定運転に努め、温室効果ガスの低減に貢献してまいります。

〔長島風力発電所の概要〕
開発地点 鹿児島県出水郡長島町
発電所出力 50,400kW(2,400kW × 21基)
年間発電電力量(想定) 約1億kWh(一般家庭約3万世帯分)
年間CO2削減量(想定) 約4万トン

〔長島ウインドヒル(株)の会社概要〕
会社設立日 平成16年12月20日
代表者 代表取締役社長 荒巻 康博
資本金 4.9億円
株主 九州電力(株) 86%、 (株)九電工 14%
事業内容 風力発電による電力の販売
会社住所 鹿児島県出水郡長島町平尾224-1
 
以上
添付ファイル PDFファイル (参考)長島風力発電所の営業運転開始について (96KB)