ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成20年12月8日
九州電力株式会社

「排出量取引の国内統合市場の試行的実施」への参加について


 当社は、本日、経済産業省に「排出量取引の国内統合市場の試行的実施(以下、試行的実施)」への参加を申請しました。

  参加にあたっては、2008~2012年度の各年度において、販売電力量あたりのCO2排出量(使用端CO2排出原単位)を1990年度実績から20%程度低減する0.348kg-CO2/kWhを目標値として設定しました。

  当社はこれまでも、自主的に「2008~2012年度平均の使用端CO2排出原単位を、1990年度実績比で20%程度低減」との目標を設定し、その達成に向けた取組みを進めてまいりました。
  具体的には、電力供給面での取組みとして、原子力を中核とした電源ベストミックスの推進を基本に、

  • 原子力の安全安定運転
  • 火力熱効率維持・向上
  • 再生可能エネルギーの導入拡大

 に努めているほか、
 電気の使用面での対策として、

  • 「省エネ快適ライフ」の推進による省エネ機器(エコキュート・ヒートポンプ式空調)の普及促進
  • お客さまへの省エネ情報の提供

 などに積極的に取り組むとともに、更には、国際的な温室効果ガス削減制度である京都メカニズムの活用などにも取り組んでいます。

  当社は、引き続きCO2排出抑制目標の達成に向け、これまでの取組みを進めてまいります。また、今回の試行的実施への参加を通して、排出量取引に関する知見の収集を行い、試行的実施を自主目標達成の一つの手段として活用することを検討するとともに、試行的実施の目的である排出量取引の課題の抽出・評価にも寄与してまいります。

以上