ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成21年2月13日
中部電力株式会社
関西電力株式会社
九州電力株式会社
新日本製鐵株式会社
大阪ガス株式会社
東邦ガス株式会社

インドネシアLNG契約延長に関する基本合意書の締結について


 中部電力株式会社、関西電力株式会社、九州電力株式会社、新日本製鐵株式会社、大阪ガス株式会社および東邦ガス株式会社の6社は、インドネシアLNG契約延長について、売主であるインドネシア国有石油ガス会社(プルタミナ)、トタールE&Pインドネシア社および国際石油開発帝石株式会社の3社と交渉を進めてきましたが、このたび、売買契約書の前提となる基本契約の内容がまとまり、本日、基本合意書を締結いたしました。

 今回、締結した基本合意書の概要は以下のとおりです。今後も引き続き、売買契約書の締結に向けた交渉を行います。

1. 当事者
  売 主 インドネシア国有石油ガス会社(プルタミナ)
トタールE&Pインドネシア社
国際石油開発帝石株式会社
  買 主 中部電力株式会社
関西電力株式会社
九州電力株式会社
新日本製鐵株式会社
大阪ガス株式会社
東邦ガス株式会社
2. 期間
  2011年から10年間
3. 年間契約数量(買主6社合計)
 
2011年から2015年   300万トン/年
 
2016年から2020年   200万トン/年
4. 受渡条件
 
Ex-ship条件(揚地渡し)   100~200万トン/年
 
FOB条件  (積地渡し)   100万トン/年
以上

添付ファイル PDFファイル 参考資料 (112KB)