ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成21年4月15日
九州電力株式会社

森林バイオマスを活用した国内排出削減事業への参加について


当社と三菱商事株式会社は、林野庁並びに福岡県と連携の上で、国内クレジット制度(注1)に基づき、福岡県内で計画中の2件の排出削減事業に参加し、共同実施者(国内クレジットの買手)として両事業の実現に向け協力することに、このたび合意致しました。

これらの排出削減事業は、キタヤマコーポレーション株式会社による福岡県那珂川町の「清滝」、及び地域中央開発株式会社による同県八女市の「べんがら村」の両温泉施設において、木質バイオマス焚きボイラーを導入し、製材所等で発生する大鋸屑等を燃料として有効活用することで、当該温泉施設において熱源として使用されていた重油の消費量を削減し、二酸化炭素の排出削減に貢献する事業です。

また両事業は、バイオマス資源の地産地消さらには福岡県の山村・林業分野の活性化にも資する、林野部門初の国内クレジット創出事業となる予定であり、今後、国内クレジット制度に基づく事業承認の手続きを進めてまいります。

当社は地球環境問題への対応のため、原子力発電所の安全安定運転など電気の供給面での取組みはもとより、お客さまとも一体となった電気の使用面での取組み、京都メカニズムや国内クレジットの活用などを通じて、温室効果ガスの排出抑制に取り組んでいきます。

以上
注1. 国内クレジット制度
  大企業等が技術・資金等を提供し、中小企業等が行った二酸化炭素の排出抑制のための取組みによる排出削減量を、国内クレジット認証委員会の認証を受けた後に大企業等が国内クレジットとして取得し、自らの自主行動計画等の目標達成のために活用する制度。
添付ファイル PDFファイル 参考 事業概要 (338KB)