ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース
平成21年6月26日
九州電力株式会社

組織の一部改編について

 経営環境の変化等に適切に対応していくため、7月1日付で、以下のとおり組織を一部改編します。

1.経営企画本部の設置
    多岐にわたる経営課題に対して、柔軟かつ迅速に全社の方向性を検討するため、「経営企画本部」を設置し、本部内に「担当(本店の「部」に相当)」を置く
 これに伴い、「経営企画部」を廃止
2.立地本部の設置
   重要な立地計画等に対応するため、新たに「立地本部」を設置し、同本部が「電源立地部(新設)」と「用地部」を統括
 これに伴い、「立地環境対策本部」と「電源立地対策部」を廃止
3.電力輸送本部 送変電技術センターの設置
   社会生活の高度化に伴う供給信頼度ニーズの高まりや設備高経年化へ的確に対応するとともに、技術力の維持継承を図るため、「送変電技術センター」を設置し、支店や電力所等にて実施している「高度な工事」、「保全技術開発」を集中化
 これに伴い、「中央送変電建設所」を廃止
4. シンガポール事務所の設置
   東南アジア地域等の既存プロジェクト管理や新規案件開発のため、海外事業部内の部署として「シンガポール事務所」を設置(「別紙1」参照)
以上

添付ファイル PDFファイル (別紙1)シンガポール事務所の設置について (8KB)
  PDFファイル (添付資料)シンガポール事務所の位置図 (144KB)
  PDFファイル (別紙2)組織図 (16KB)