ナビゲーションをスキップして本文へ グローバルナビゲーションへ ユーティリティナビゲーションへ フッターメニューへ
MENU CLOSE

文字サイズ

プレスリリース

  • このリンクをシェア
  • ツイート
プレスリリース

平成23年1月31日
九州電力株式会社

「九州ふるさとの森づくり」について

 当社は、創立50周年記念事業として、平成13年度から「年間10万本、10年間で100万本」の植樹を目標に、地域の皆さまとともに「九州ふるさとの森づくり」を九州各地で実施してきました。これまで、地域の皆さまや自治体のかたがたから多大なるご支援・ご協力をいただき、本年度100万本の植樹という当初の目標を達成します。

 今後は、当社が目指す「九州電力の思い」の実現に向けて、本活動を「地域の皆さまとの協働による環境保全活動」と位置づけ、低炭素社会実現への寄与や生物多様性の保全を目的とし、引き続き九州各地で展開していきます。

<今後の植樹活動の概要>
1 名称
  • 「九州ふるさとの森づくり」
2 目的
  • 低炭素社会実現への寄与
  • 地域緑化を通した生物多様性の保全
3 活動内容
(1) 実施事項
  • 地域の皆さまとの協働による植樹活動を九州各地で展開
(2) 期間
  • 平成23~27年度
    (最終年度にその後の継続について検討)
(3) 場所
  • 原則として公有地(公有地に準じた場所も考慮)
(4) 規模
  • 年間最大8万本程度(5年間で最大40万本程度)の植樹
    〔CO2吸収量(40万本植樹で試算):年間約140トン(約110世帯分)〕
(5) 植樹方法
  • 生物多様性を考慮し、九州本来の樹種(シイ・タブ・カシ類)を中心とした密植・混植による植樹を基本

以上